路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

90.まちかどの赤2


埋め込み丸ポスト

通りをのぞく丸ポスト

まちかどで丸ポストが通りをのぞいていた。

埋め込み丸ポスト

ポストは壁に埋め込まれていた。壁のトタンは、ポストの形に添って丁寧にくり抜かれている。トマソンのエコダタイプに近いが、この場合は、ポストの周りに隙間があるとガレージの中に水が入ってしまうので、きちんとふさいでいるのであって、ムダに丁寧にやっているわけではない。
とは言っても、切り口がめくれているわけでもなく、美観を損ねないようにとの配慮がうかがわれる。

それにしてもこのポスト、投入口が通りに向かっていないので、手紙は入れにくそうだ。昔は今ガレージになっている場所が駐車場で、奥で切手などを売っていたのかもしれない。

※「エコダ」とは、江古田駅で、使われなくなった切符販売窓口を、周囲の形に添って丁寧にベニヤで埋めた物件。トマソン2号物件だったが、写真に撮られることなく消滅。赤瀬川さんのイラストのみ残る。

丸ポストたち

かくれんぼをしているようにも見える。コーワのカエルは「もういいよ」。一方黒猫は、子猫をくわえたままウロウロ。それでもポストは可動式の緑色看板をつかまえることはできず、いつまでも赤オニのまま、なんだろうな。

2003年9月、2008年10月 兵庫県西脇市

(2008年11月8日作成)

back up next