路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

鬼瓦(動物)


鶴亀

魔除招福カテゴリですが、実在の動物なのでこのページへ。いずれも同じ塀にあった小振りの飾り瓦。

鶴

亀

亀は百歳毎に尾が1本ずつ生えるとされています。万年生きると尾は100本。めでたいけれど顔は怖い。

2002年12月 兵庫県高砂市


虎

竹に虎。尻尾が折れてなければもっと迫力あったはず。

2002年11月 兵庫県相生市


兎

民家の波乗り兎。波兎の文様は、水面に映る月を兎に見立てた「月海上に浮かんでは、兎も波を走るか」という、謡曲「竹生島」の一節からきているとのこと。

2002年8月 兵庫県姫路市

兎

高砂市十輪寺山門の鬼瓦。上空から不敵な笑みを浮かべ、参拝者を見下ろす。

2002年12月 兵庫県高砂市


鷲と鷹の区別は、大型のものが鷲で小型のものが鷹とのことですが、明確な区別はないようです。以下の瓦は、特に武家に好まれ家紋にもなっていることを考慮し、鷹としています。

鷹

迫力あります。お見事。

2003年5月 兵庫県明石市

鷹

不知火型土俵入り。

2002年10月 兵庫県たつの市

鷹

鷹のはずですが、目つきはオウムのよう。

2002年11月 兵庫県三木市


鳩

元酒蔵の鳩瓦。鳩笛の雰囲気があります。

2002年11月 兵庫県福崎町


鯉

地方の農家や立派な家によく見られる鯉をモチーフとした瓦。鷹よりもさらに多いようです。火除けと共に登竜門の故事(鯉の滝登り)にちなみ、立身出世を願う、といったところでしょうか。頭を上に向けてるのが普通ですし。

2003年2月 兵庫県太子町

鯉

リアルですね。

2002年10月 兵庫県太子町

鯉

塀の上の留蓋としての鯉はよく見られます。これはヒゲもあり鯉には間違いないのですが、平べったいためどことなくタイヤキふうです。

2002年9月 兵庫県太子町

up