路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

虫籠窓1

「虫籠窓」(むしこまど)は、かたちが虫かごに似ているので名づけられたといわれています。もとは、町屋の中二階、通りに面した部分に取り付けられました。
格子の部分は、木材にわらを巻き、土を塗ってさらに漆喰(しっくい)で塗り込めて作ることが多いです(防火仕様)。


虫籠窓

低めの軒いっぱいに取り付けられた虫籠窓。
壁、枠、格子すべて黒塗りで存在感があります。枠のかたちにも工夫が見られます。

2002年8月 兵庫県姫路市


虫籠窓

雲形の枠の付いた虫籠窓。格子のかたちがおもしろそうなのですが、ちょっとよく見えません。
虫籠窓の格子の数は奇数が多いようですが、これは8本ですね。軒丸瓦は梅鉢文です。

2002年8月 兵庫県たつの市


虫籠窓

タイル屋さんの虫籠窓。枠と連子(れんじ)格子の黒がアクセントになっています。
壁にはびっしりタイルが埋め込まれていますが、洋風というより着物の柄のようなイメージ。

2002年8月 兵庫県たつの市


虫籠窓

漆喰が全部はがれてしまったのでしょうか? 枠も丸格子もていねいに作ってあるようです。

2001年12月 兵庫県姫路市

up