路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

看板・プレートに見る昔の姫路 電柱番号札3

―施設名(移転)編―


姫路赤十字病院

電柱番号札 日赤(関西電力)

電柱番号札 日赤

「日赤」の名で市民に親しまれている姫路赤十字病院は、長い間、薬師山の東側の龍野町五丁目にありました。この場所には、明治9年(1876)、飾磨県庁が建てられましたが、ほどなくして飾磨県は兵庫県に編入され消滅。建物には明治33年(1900)、当時県立病院だった日本赤十字病院が入ります。

ここに日赤があったころ何回か来ましたが、赤十字病院にしては手狭のように思われました。駐車場も狭く、近隣の民間駐車場に停めたりもしました。
姫路赤十字病院は、平成13年(2001)11月、姫路市下手野の大阪酸素跡地に移転。さらに近代的な大病院になりました。更地になった龍野町の跡地はさすがに広々とし、また閑散としていて、病院があったころの喧噪が嘘のようです。

日赤移転に伴い、近くの「日赤病院下」交差点とバス停は、それぞれ「船丘町」、「琴岡町」に変更されました。ただ電柱番号札の場合は、市民生活との関係はほとんどなく、関係者以外が見るのは何かの通報のときくらいでしょうから、このまま「日赤」として残留し続けるのではないでしょうか。

撮影:2011年1月 兵庫県姫路市龍野町五丁目


日輪

電柱番号札 日輪(関西電力) ショウダ(NTT)

電柱番号札 日輪

かつて、姫路駅南の姫路市北条21番地に、当時の日輪ゴム工業(株)、現在の(株)ニチリンの姫路工場がありました。

ニチリンは大正3年(1914)5月、兵庫県神戸市で創業。姫路工場は、福島紡績(株)姫路工場の用地を譲り受け、昭和18年(1943)8月より操業。太平洋戦争の空襲で被災しましたが、戦後も同じ場所に再建されます。昭和45年(1970)3月、新幹線建設用地にかかることになり、姫路市別所町佐土1118に移転しました。

(福島紡績(株)は後の敷島紡績(株)、現在のシキボウ(株)で、現在の姫路市にあった2か所の工場のうち飾磨工場は紡績業を続け、平成5年(1993)、ジャスコ姫路(現在のイオン)リバーシティーショッピングセンターに)

撮影:2010年11月 兵庫県姫路市北条一丁目


龍田紡績

電柱番号札 竜田(NTT) 中市場(関西電力)

電柱番号札 竜田

龍田紡績(株)は明治34年(1901)10月、現在の姫路市井ノ口で龍田織物工場を個人創業。明治43年(1910)3月、現在の姫路市延末483番地に移転してきました。昭和12年(1937)3月龍田紡績(株)設立。戦時中は軍需転換しますが、戦後紡績業に復帰。

煉瓦造りの本社工場は平成13年( 2001)1月閉鎖され、生産は熊本工場に集約。跡地には2011年2月26日、イオンタウン姫路(旧・ロックシティ姫路)ショッピングセンターがオープン。
本社は平成20年(2008)1月、龍田紡績淑徳学園のあった、東隣の姫路市東延末264番地に移転しました。

電柱番号札 紡績(関西電力)

電柱番号札 紡績

関西電力の「紡績」プレートもあります。工場のすぐ前を通ってはいませんが、おそらくは龍田紡績に由来するものでしょう。ちなみに「紡績」ルートは、土山二丁目から始まり、ヤマダ電機姫路本店の西側で東に向きを変え、東延末二丁目まで来ています。枝分かれルートもあります。

撮影:2010年11月 兵庫県姫路市南畝町、東延末一丁目


参考文献

  • 『姫路市史 第五巻 下 近現代2』 平成14年9月28日 姫路市史編集専門委員会編 姫路市発行
  • 『姫路商工名鑑 昭和38年版』 昭和38年4月1日 姫路商工会議所

(2011年1月30日作成、2月28日更新)

back up next