路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

看板・プレートに見る昔の姫路 電柱番号札1

景観的にはあまりいいものではありませんが、電柱と電線の多い風景は、日本のまちにはすっかりおなじみのものになっています。

これら電柱の1本1本に、管理番号を表示した電柱番号札が貼ってあるのをご存知でしょうか。電力やNTTの番号札には、電柱付近の町名や主な施設名が記載されていますが、それらの中には既になくなったものもあります。番号札に遺された旧町名を探してみました。


姫路市相生町

電柱番号札 相生町(関西電力)、相生東(NTT)

電柱番号札 相生町

姫路城の南西側、船場川沿いにあった旧相生町は、現在の博労町(ばくろうまち)の一部になっています。
電柱番号札の町名は、実在する町名を利用した路線名ですので、該当する町を越えて近隣の町に出張することは普通にあります。「相生町(あいおいちょう)」プレートも、博労町の南側の福沢町や忍町でも見られます。

撮影:2010年11月 兵庫県姫路市福沢町

「旧町名 相生町」の碑

船場川にかかる緑橋の西詰にある「旧町名 相生町」の碑。以下、説明文を転記します。

 相生町の由来
 山陽道の西の出入り口で備前に通じるので備前町といった 文政三年(一八二〇年)酒井忠道が官名を備前守に改めてから縁起を祝って相生町とした
 姫路復興土地区画整理事業の完了に伴う町名変更により昭和五十九年九月 博労町に合併した

撮影:2011年1月 兵庫県姫路市博労町


姫路市新身町、西魚町

電柱番号札 新見(NTT)、西魚町(関西電力)

電柱番号札 新見、西魚町

新身町(あらみまち)
プレートでは「新見」になっていますが、実際にあった町名は「新身町」。新身とは新しい刀のことで、刀鍛冶がいた、あるいは新刀を売る店があったのでこの町名がつけられたとのこと。
昭和36年(1961)、現在の塩町と十二所前町に分割合併されました。のちに、姫路信用金庫本店北側の東西の道が「新身町通り」と名づけられています。

西魚町(にしうおまち)
昭和59年(1984)の区画整理で、旧西魚町の多くは、東隣の恵美酒町と共に現在の「魚町」になりましたが、一部は西塩町から町名変更された塩町と西二階町に編入されているようです。魚町・塩町は姫路の歓楽街です。

撮影:2011年1月 兵庫県姫路市十二所前町


姫路市直養町

電柱番号札 直養(NTT)

電柱番号札 直養

慶長6年(1601)の町割で設立した町。明治時代は「直養」でしたが、大正元年(1912)、直養町(ちょくようちょう)に変更。名前の由来は、勅供養の略ではないかとの説があるようですがはっきりしません。
昭和37年(1962)、一部が南町に合併。さらに昭和59年駅前町と南町に合併され、この珍しい町名は消滅しました。

撮影:2011年1月 兵庫県姫路市東駅前町


姫路市光源寺前町

電柱番号札 朝日(NTT)、光源寺(関西電力)

電柱番号札 光源寺

現在の大手前通と十二所前線の交わるあたりの白銀町に、江戸時代より、光源寺という寺院がありました。その前一帯の町を「光源寺前」と名づけ、さらに昭和9年(1934)「光源寺前町(こうげんじまえちょう)」に変更しました。
光源寺は空襲で焼失し、戦後、十二所前町86番地に移転。光源寺前町は昭和59年、近隣の駅前町(含東駅前町)、亀井町、白銀町に分割合併されました。

撮影:2011年1月 兵庫県姫路市神屋町六丁目


参考文献

  • 『新・姫路の町名』 2007年12月10日 播磨地名研究会
  • 『姫路市町名字考』 昭和31年11月23日 橋本政次著 姫路市発行
  • 『姫路城下町 うちまちものがたり』 2006年3月 白鷺中学校区地域夢プラン実行委員会

(2011年1月8日作成)

up next