路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

119.新幹線2


運河公園案内看板

運河公園案内看板

姫路市役所近くにある運河公園案内看板。フラットアイコンを使ったイマドキの案内図です。

運河公園案内看板

左上の姫路駅に入ってくる新幹線は700系です。こういうものにはたいてい最新車両を載せるでしょうから、N700系が営業運転を開始した2007年以前のものではないかと思います。

落ち着いた顔つきでちょうどいいですね。500系だともっと仰々しくなりそうだし、N700系の顔はもう顔とは言えないしろものだし。

2015年6月、兵庫県姫路市


姫路駅構内新幹線乗り場案内

姫路駅構内新幹線乗り場案内

姫路駅構内の床に貼ってある新幹線乗り場案内シール。目を描かず700系、N700系どちらにも見えるデザインになっています。形も普通の矢印ではなく車両のようになっていますね。

2015年7月、兵庫県姫路市


明石市イラストマップ

明石市イラストマップ

大蔵海岸公園にあった明石市イラストマップ。公共の建物から名所・旧跡、名産、商店街に至るまで、明石がぎっしり詰まったイラストマップ。作者は、左上の特徴のある女の子の絵から(下図参照)、地元在住の彫画家、伊藤太一さんでしょう。

明石市イラストマップ(部分)

さて、新幹線ですが、

明石市イラストマップ(右側新幹線部分)

マップの右上の方、日本標準時子午線をまたいで走るのは、黄色いラインが特徴のひかりレールスターです。レールスターは2012年まで西明石駅には停まらなかったにもかかわらず、このイラストマップに登場しています。人気車両で特徴もあって描きやすかったらなのでしょうか。うまく省略されて描かれています。

明石市イラストマップ(左端新幹線部分)

こちらはマップ左端の新幹線。浜国をまたいで博多に向かうのは、右100系、左300系が連結されたあり得ない編成。JRの社長さんもビックリですね。やはり新幹線はいつの時代でも夢の超特急であったのか……。

2015年5月、兵庫県明石市

(2015年7月11日作成)

back up next