路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

104.人


神社のありがたい木札

神社にあったありがたい木札。


神社のありがたい木札、「支」

右上には、「人は皆 支えられたり支えたり」とありました。人という字は、人と人が支え合っていると言われもしますが、これは藤岡藤巻によると、「大きいほうが小さいほうによっかかって」いるのだそうです。社会では大きく強い者の方が有利、ということでしょうか。

漢和辞典によると、「人が立っているところを横から見た形」だそうです。

人が立っていられるというのは、物理的にも社会的にも、さまざまなバランスが関係しているようです。体の中のいろんな筋肉のバランス、肉体と精神のバランス、そしてこの札の言ってるような、支え支えられるという他人との関係も。

社会のどこかで生きている以上、積極的にかかわらなくても、どこかで他の人と関係を持っている――人類がここまで増えたのは、その知恵だけではなく、助け合う社会を作り上げたことも大きいのではないかと思います。


神社のありがたい木札、「笑」

さらに、左下には「人なごむ ありがとうに 笑顔をそえて」とありました。

この顔はかわいいですね。男性でもこんな顔で笑う人がいますね。そういえば柔軟剤のハミングフレア(黄色)は動物の笑顔パッケージですが、DSやホームセンターで見かけるとつい買ってしまう……。笑顔の力は偉大です。

「笑」という字は竹かんむりですが、これは、竹が風でしなる様子に、人がおなかを抱えて笑う様子を見たとか(他説あり)。他の植物ではなくて竹というのが、竹の性質をよく知っている中国らしい発想でしょう。

さて――、

その紀元前の中国に西施という女性がいました。敵方から捧げられたこの超美人に、王様は政治そっちのけで西施ちゃんスキスキ状態になってしまい、のちに国が傾く原因になったとも言われています。

この西施、持病があって、ときどき胸を押さえ眉をひそめて、苦しそうにしていたそうです。そのはかなげな姿は、西施の美貌をいっそう引き立てていたとか。が、西施のこの仕草を不細工な女性が真似て、恐ろしすぎて村中迷惑阿鼻叫喚(西施捧心という話)。

苦しそうに顔をしかめるのが似合うのは美人限定の話で、凡顔の人は愛想良くしているのが一番でしょう。もちろん、ニコニコしている美人が最強なのは言うまでもないことでして、美人の自覚のある皆様におかれましては、できるだけ無愛想にしていただけますと、その他大勢の人のためになろうかと思いますので、ぜひとも、よろしくお願い致します。世の中には「美人に叱られたい♥」という殿方もおられるようなので、そのあたりのニーズとも合致してよろしいのではないかと。

2008年9月 大阪府枚方市

(2010年5月29作成)

back up next