路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

新聞2

日刊工業新聞 日刊工業新聞 日刊工業新聞

日刊工業新聞 撮影:2001年11月
日刊工業新聞 撮影:2003年3月
日刊工業新聞 撮影:2001年10月

東京都中央区日本橋小網町14番1号、(株)日刊工業新聞社
大正4年(1915)11月、大阪古鉄日報として創刊。大正11年(1922)「日刊工業新聞」と改題。戦時中は新聞統合で改題していましたが、昭和25年(1950)に「日刊工業新聞」の名称が復活しています。

新聞の「新」は、もとは「辛+木+斤」で、斤(おの)で木を切るということ(辛に切るという意味がある)。これより、ものごとの始まり、あたらしいという意味で使われます。左の看板の「新」は「立木斤」ではなく「辛木斤」ですね。朝日新聞などの題字は今でもこのようになっています。

日本証券新聞 株式市場新聞 住宅新聞

日本証券新聞 撮影:2003年4月

東京都中央区日本橋小網町16番6号、(株)日本証券新聞社
昭和19年(1944)5月、日本証券取引所の機関紙として創刊。昭和22年(1947)2月、株式会社設立。読売新聞や中日新聞の販売店で取り扱っています。

株式市場新聞 撮影:2003年12月

東京都江東区辰巳一丁目4番11号、(株)市場新聞社
少し小ぶりです。昭和31年(1956)7月創刊。平成21年(2009)自己破産を申請。5月1日付で廃刊となりました。

住まいと土地の週刊紙 住宅新聞 撮影:2001年11月
さらに小ぶり。讀賣新聞の専売所にありました。
東京都新宿区高田馬場一丁目28-10の(株)週刊住宅新聞社の看板でしょうか。同社は昭和35年(1960)1月、日本宅地建物新聞社として創業。4月より「日本宅地建物新聞」を発行。昭和38年(1963)10月、題号を「週刊住宅新聞」に、昭和42年(1967)2月には「週刊住宅」に変更とのことです。

聖教新聞、聖教グラフ 聖教新聞 聖教新聞取扱所

聖教新聞、聖教グラフ 撮影:2005年3月
聖教新聞 撮影:2005年4月
聖教新聞取扱所(小型版) 撮影:2003年2月

聖教新聞社
昭和26年(1951)4月20日創刊の創価学会機関誌です。

神戸新聞 神戸新聞購讀申込所 神戸新聞購読申込所 神戸新聞

神戸新聞 撮影:2002年5月 兵庫県 拡大画像(19KB)
神戸新聞 購讀申込所(購読申込所) 撮影:2002年2月 兵庫県 拡大画像(25KB)
幅10センチくらいの小さな看板。「聞」の字が変わってます。
神戸新聞購読申込所 撮影:2011年11月 兵庫県  
神戸新聞 撮影:2002年6月 兵庫県

兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目5番7号、(株)神戸新聞社
明治31年(1898)2月11日創刊。上2枚の上部のマークは社章で、創刊2年後の明治33年(1900)2月11日、公募で決まりました。季節の梅をデザイン。花心に神、花びらは「戸」の文字がデザインされています。
「神戸新聞」のマークは社旗で、それまでは社章と社旗が同じでしたが、創立70周年を記念し、昭和43年(1968)2月11日、公募により採用されました。

神戸、デイリー

神戸新聞 デイリースポーツ 申込所(吊り下げ型) 撮影:2002年9月

神戸本社(登記上本店)兵庫県神戸市中央区東川崎町一丁目5番7号、(株)デイリースポーツ社
昭和23年(1948)8月1日創刊。関西では最初の日刊スポーツ紙。神戸新聞のグループ紙でしたが、昭和30年(1955)2月独立。平成22年(2010)3月1日、再び神戸新聞社へ吸収合併されました。

デイリースポーツ デイリースポーツ デイリースポーツ
デイリースポーツ販売所 デイリースポーツ

デイリースポーツ(大型版、Dが黄色) 撮影:2006年9月
デイリースポーツ(大型版) 撮影:2002年6月
デイリースポーツ(大型版) 撮影:2006年9月
文字地色共に色褪せていくタイプ。地色は赤のまま文字のみ色褪せるものもあります。丈夫な看板の方が古そう。
デイリースポーツ販売所(小型版) 撮影:2008年12月
デイリースポーツ(小型版) 撮影:2004年11月

京都新聞申込所 京都新聞購読申込所 京都新聞 京都新聞ご購読申し込み所

京都新聞マーク

京都新聞申込所(小型版) 撮影:2007年3月
京都新聞購読申込所(小型版) 撮影:2008年4月
京都新聞 撮影:2008年1月
京都新聞ご購読申し込み所(小型版) 撮影:2008年1月

京都府京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239、(株)京都新聞社
明治12年(1879)6月9日、『京都商事迅報』として創刊。明治時代に京都新報、日出新聞、京都夕刊新聞が発行され、それらが改題、廃刊、さらに戦時下の新聞統合により合併、昭和17年(1942)4月、『京都新聞』が創刊されます。

大阪新聞 奈良新聞

大阪新聞 撮影:2008年12月

大阪市北区梅田二丁目4-9(産経新聞社大阪本社と同じ住所)にあった旧・(株)大阪新聞社の看板。同社は夕刊のみの発行でした。
大正11年(1922)7月9日、『南大阪新聞』として創刊。戦前の新聞統合政策により、1941年2月、大阪府下の夕刊新聞社16社を統合。昭和17年(1942)6月、時事新報社と合併し(株)大阪新聞社発足。このとき『大阪新聞』に改題。平成14年(2002)3月、親会社の産経新聞大阪本社発行の夕刊に統合され廃刊。

奈良新聞 撮影:2004年10月

奈良新聞マーク

奈良県奈良市三条町606、(株)奈良新聞社
昭和21年(1946)10月26日、『大和タイムス』創刊。昭和50年(1975)6月『奈良新聞』に改題。
マークの周囲の白い部分は「山」が10個(とお)あります。これで「大和」と読ませているのでしょう。このマークも変更されているような……。

奈良日日新聞取扱店 伊勢新聞

奈良日日新聞取扱店 撮影:2008年12月

奈良県奈良市杉ヶ町36番地1、(株)奈良日日新聞社
明治31年(1898)創刊。平成17年(2005)11月30日に一時休刊しますが、平成18年(2006)10月27日より復刊。
それにしても悲惨な看板だわ。

伊勢新聞 撮影:2010年11月

三重県津市本町34-6、(株)伊勢新聞社
明治11年(1878)1月17日創刊。朝刊のみ発行。

山陽新聞購読申込所 山陽新聞 山陽新聞邑久支局 山陽新聞丸亀支局

山陽新聞購読申込所(小型版) 撮影:2013年3月 岡山県
山陽新聞 撮影:2002年9月 岡山県
拡大画像(19KB)
山陽新聞邑久支局 撮影:2003年7月 岡山県
山陽新聞丸亀支局 撮影:2005年3月 香川県

岡山県岡山市北区柳町二丁目1番1号、(株)山陽新聞社
明治12年(1879)1月4日、『山陽新報』創刊。昭和11年(1936)12月中国民放と合併。昭和23年(1948)5月『山陽新聞』と改題。

中國新聞 中國新聞申込所 山陰中央新報

中國新聞 撮影:2009年3月 拡大画像(19KB)
右に少し見えているのが朝日新聞の看板です。新聞看板の中でも大きい方ですね。

中國新聞申込所 撮影:2009年3月

広島県広島市中区土橋町7番1号、(株)中国新聞社。
明治25年(1892)5月、『中國』として創刊。明治41年(1908)6月、題号を『中國新聞』に変更。昭和23年(1948)11月、(有)中国新聞社と(株)呉新聞社が合併、(株)中国新聞社が設立されています。

山陰中央新報 撮影:2006年9月

島根県松江市殿町383 山陰中央ビル6階、(株)山陰中央新報社
昭和16年(1941)12月、戦時中の新聞統合により、山陰新聞と松陽新報が統合し島根新聞として設立。昭和48年(1973)4月より、『山陰中央新報』に題号を変更。

雑誌

家庭雑誌家
家の光

家庭雑誌 家の光
撮影:2003年5月
撮影:2005年3月

東京都新宿区市谷船河原町11番地、社団法人家の光協会
家の光協会昭和19年に設立。雑誌『家の光』は大正14年(1925)5月創刊。

いずれも農協の倉庫に貼ってありました。下の倉庫は看板部分のみ漆喰が剥がれていませんね。琺瑯看板は建材としても有用です。

生命乃實相

生命乃實相 皆様の御幸福の為にお取次致します 生長乃家書籍頒布所
撮影:2005年3月

生長乃家の雑誌らしい。

参考文献

  • 『雑誌新聞総かたろぐ●2000年版』 2000年5月 メディア・リサーチ・センター(株)
  • 『雑誌新聞総かたろぐ●2002年版』 2002年5月25日 メディア・リサーチ・センター(株)
  • 『雑誌新聞総かたろぐ●2010年版』 2010年5月25日 メディア・リサーチ・センター(株)
  • 『神戸新聞の100日』 神戸新聞社 1995年11月30日 プレジデント社

2006年8月11日:家の光差し替え。デイリースポーツ、聖教新聞2枚、聖教グラフ、京都新聞申込所、奈良新聞、山陽新聞丸亀支局、生命乃實相追加。2009年3月7日、デイリースポーツ3枚、京都新聞、大阪新聞、奈良日日新聞取扱店、中國新聞2枚、山陰中央新報追加、その他画像差し替えあり。2011年4月15日:伊勢新聞追加。2011年12月12日:神戸新聞購読申込所追加。2013年4月24日:山陽新聞購読申込所差し替え。

(最終更新日:2013年4月24日)

up