路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

農機3 三徳万石

三徳万石
三徳万石

一円高の 米出来る 金田式 隼號 三徳萬石 撮影:2001年8月 兵庫県姫路市
青版のみ拡大画像(63KB)

兵庫県たつの市揖保川町にあった(旧)三徳万石製造所のもののようです。

明治41年(1908)、金田(かなだ)喜一氏は三徳万石製造所を設立。
大正9年(1920)、(名)三徳農機製作所に改組。昭和の初め、籾摺りから米の選別までを一貫して行う自動万石を開発、特許を取ります(少し見にくいですが、看板の左側のイラストです)。それまでは、籾摺りした玄米を万石の上部から手作業で入れていました(右側のイラスト参照)。
昭和6年(1931)、さらに精度の高い万石を考案し特許を取りました。

戦時中製作所は軍需協力工場となり、航空機や船舶の部品を製造していました。 戦後改組し三徳農機(株)となりましたが、昭和43年廃業。
現在、子孫の方が設立した三徳機械(株)が業務の一部を引き継ぐ形になっています。ただ、三徳機械は、現在は倉庫業の方がメインのようですが。

※万石は米の選別機。籾摺り(もみすり)をした米を上から入れると、機械の下に玄米が落ち、籾殻が先の方に飛ばされるしくみ。目の大きさの違うふるいを3~4枚取り付け、米の大きさを選別。屑米などが分別でき、質の良い玄米を得ることができます。


参考文献

  • 『兵庫県産業年鑑 昭和38年版』 昭和38年8月1日 神戸新聞社
  • 『兵庫県産業年鑑 40年版』 昭和39年6月1日 神戸新聞社
  • 『龍野地区商工名鑑』 1979年版/1985年版/1996年版
  • 『揖保川町史』 揖保川町史編纂委員会編 昭和47年3月31日 揖保川町
  • 『176 ふるさとの想い出 写真集 明治大正昭和 龍野』石原元吉編著 昭和55年12月20日 国書刊行会

(最終更新日:2002年7月16日)

up