路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

酒6 関西

京都府

月桂冠 月桂冠

宮内省御用逹(達) 清酒 月桂冠 大倉醸
撮影:2005年1月
宮内省御用逹(達) 清酒 月桂冠 大倉恒吉商店吟醸
撮影:2006年4月
拡大画像(24KB)

京都府京都市伏見区南浜町247番地、月桂冠(株)
寛永14年(1637)、笠置屋として創業。1927年(株)大倉恒吉商店に改組、昭和19年(1944)大倉酒造(株)、昭和62年(1987)月桂冠(株)に社名変更。
明治38年(1905)「玉の泉」の酒銘を「月桂冠」に変更。勝利者に与えられるその名のとおり、日本で最も親しまれている銘柄になりました。同じ場所に月桂冠大倉記念館もあります。
月桂冠は長らく灘・西郷(にしごう)の酒としても親しまれてきましたが、2003年、灘蔵は閉鎖されました。

月桂冠

清酒 品質第一 月桂冠
撮影:2002年4月
拡大画像(89KB)

右に見えているのはマルフクの横長看板です(おおよその大きさを説明しているつもり)。

黄桜

本造り 黄桜 本格醸造  
撮影:2010年11月

京都府京都市伏見区塩屋町223番地、黄桜酒造(株)
大正14年(1925年)創業。昭和26年(1951)株式会社設立。酒銘は創業者の愛した八重の黄桜にちなむものです。近年では地ビールも生産されています。かっぱのCMで有名ですが、近年は高島礼子さんのCMも。今が琺瑯の全盛期だったら高島さんの琺瑯看板ができてたかもしれませんね。

明ごころ

明ごころ

酒は伏見の 明ごころ 有井醸
撮影:2007年4月。右はオリジナルの自販機にあったブランドマーク。2003年6月撮影。

京都府京都市伏見区両替町2-357にあった有井酒造(株)の看板でしょう。平成7年(1995)7月、ブランドは伏見区上油掛町36-1の(株)山本本家(元治元年、1864年創業)に譲渡されました。かつては兵庫県赤穂市にも蔵がありました。
「明けごころ」はみやびな名前ですが、熊本の焼酎のブランドに「できごころ」「したごころ」というのがあるようです。こちらの方はイメージが全然違いますね。

鷹の春

銘酒 鷹の春 高木醸 冷蔵御圍(囲)酒 絶對(絶対)防腐剤入らず
撮影:2005年3月
拡大画像(43KB)

少なくとも昭和27年ごろから昭和44年ごろまで、京都府福知山市天田280にあった高木酒造(株)の看板。

日本桜 日本桜

清酒 日本桜 大門醸
撮影:2008年9月

清酒 新清酒 焼酎 日本桜 山城酒造
撮影:2008年4月

山城酒造(株)は、昭和31年ごろには京都府加茂町大野北出畑27にありました。昭和37年(1962)東洋醸造(株)に合併されますが、平成4年(1992)1月、旭化成が東洋醸造を合併。東洋醸造(株)京都工場→旭化成(株)京都工場として稼働していました。平成15年(2003)7月、旭化成は清酒・合成酒関連事業をオエノンホールディングス(株)へ譲渡。京都工場はこのときなくなったようです。

酒類は○公の現金で御買上げ下さい

酒類は○公の現金で御買上げ下さい 各税務所管内小賣酒販組合 京都府小賣酒販組合連合會
撮影:2005年5月

丸公(まるこう)は、昭和14年から戦時中の価格等統制令と、戦後の物価統制令による公定価格を示すマーク。昭和20年代の看板でしょうね。

滋賀県・和歌山県

旭日

清酒 旭日 藤居醸  
撮影:2010年10月

滋賀県愛知郡愛荘町長野1769、藤居本家
天保2年(1831)創業。酒銘は「旭日昇天」にちなむ。

酒類販賣所 伊那酒商組合員章

官許 酒類販賣所(販売所) 大津酒類販賣業組合員
撮影:2006年1月

字体といい「官許」といい、これは古そう。

伊那酒商組合員章 
撮影:2013年5月

参考文献

  • 『会社年鑑≪上場会社版≫ 2004年版』 2003年10月24日 日本経済新聞社
  • 『全國酒類卸業者近畿醸造家・小賣業者名鑑 1952』 昭和27年10月2日 大阪醸界新聞社
  • 『全国酒類醸造家名鑑 1956』 昭和31年10月30日 醸界タイムス社出版部
  • 『日本の名酒事典』 1990年6月29日 講談社

2006年4月26日:月桂冠1枚追加2枚差し替え。國乃長、翁千歳、万里春追加。2009年12月5日:明けごころ、日本桜2枚追加。2010年11月9日:黄桜差し替え。旭日追加。2015年6月24日:伊那酒商組合員章追加。

(最終更新日:2015年6月24日)

up