路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

農業系

タキイのタネ

よいタネを売る店 兵庫県長岡会 ●会員の店● タキイのタネ 長岡交配
撮影:2003年4月

京都府京都市下京区梅小路通猪熊東入南夷町180、タキイ種苗(株)
天保6年(1835)創業。大正9年(1920)(株)瀧井治三郎商店設立。大正15年(1926)タキイ種苗(株)に変更。
長岡というのは、京都府長岡京市あった長岡研究農場によるものでしょう。

タキイのタネ

いつでも どこでも 長岡交配
撮影:2004年2月

楽しい字体ですね。甘い桃太郎トマトもタキイの開発したものとか。

アタリヤ

アタリヤ Special Seed 良いたね アタリヤ農園 千葉県小見川町
撮影:2002年4月
拡大画像(27KB)

千葉県香取市(旧香取郡小見川町)阿玉川1103、(株)アタリヤ農園
大正11年(1922)8月設立。

飼料

日配完全飼料

日配完全飼料
撮影:2002年5月

神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目9番地13、日本配合飼料(株)
昭和4年(1929)10月、三井物産(株)が(株)木村徳兵衛商店(のちの木徳(株))と(株)舘野栄吉商店(のちの(株)タテノコーポレーション)との共同出資により設立。配合飼料の名を初めて使用したのが日配飼料なのだそうです。

完全飼料日配

完全飼料 日配
撮影:2004年3月

上の看板のショートバージョン。マークと字体が少し違います。かつてはいかにも三井系というマークでしたが、現在は変更されています。

日配完全飼料

日配完全飼料
撮影:2003年10月
拡大画像(38KB)

日清完全飼料

日清 完全飼料 日清の飼料
撮影:2005年3月
拡大画像(42KB)

東京都中央区日本橋室町四丁目5番1号 さくら室町ビル4階、日清丸紅飼料(株)

日清飼料(株)は昭和15年(1940)4月設立。昭和35年(1960)中外興業(株)から日清飼料(株)に社名変更。昭和36年(1961)2月、飼料の製造は日清製粉(株)に移り、日清飼料は販売会社になったようです。この看板は日清製粉のものとも考えられます。

平成13年(2001)7月、日清製粉の事業分社化により、飼料の製造は再び日清飼料(株)の担当に。同社は平成15年(2003)10月丸紅飼料(株)と合併、日清丸紅飼料(株)になりました。

マルエイ飼料

マルエイ飼料 日本農産 撮影:2005年9月
めずらしい表札サイズ。

神奈川県横浜市西区みなとみらい二丁目2番1号 横浜ランドマークタワー46階、日本農産工業(株)

『日本会社史総覧』によると、昭和6年(1931)8月、日本栄養食料(株)として、日清製粉(株)の関係者により設立。日清製粉の旧横浜工場を使用し、会社設立と同時に大豆粉「雪印グラミン」、9月より栄養調味料「ネスカ」、11月より「マルエイ完全飼料」の生産を開始。

昭和17年(1942)3月、日本農産工業(株)に改称。昭和42年(1967)6月より三菱商事が資本参加。「ヨード卵・光」でおなじみのメーカーです。平成19年(2007)6月、三菱商事(株)の連結子会社に、平成21年(2009)12月、完全子会社となっています。

三菱飼料

三菱飼料 発売・三菱商事 製造・菱和飼料 元扱店・
撮影:2002年3月 拡大画像(28KB)

菱和飼料(株)は『会社総鑑』の1960年版と1971年版によると、明治25年(1892)4月個人創業。その後三菱商事と提携し三菱飼料を製造しますが、戦時中の企業整備令で他社に併合。昭和19年(1944)5月日本航材(株)設立。

昭和25年(1950)8月、(株)伊藤和五郎商店として飼料製造再開。昭和30年(1955)伊藤飼料(株)、昭和33年(1958)2月菱和飼料(株)と社名変更ののち、昭和46年(1971)12月、「マルエイ飼料」の日本農産工業(株)と合併。合併前の住所は名古屋市港区千年八の割609でした。

○は完全飼料

○は 完全配合飼料 大洋漁業  
撮影:2012年4月

東京都江東区豊洲三丁目2番20号 豊洲フロント、マルハニチロ(株)

明治13年(1880)創業。大正13年(1924)株式会社設立。昭和50年頃までは捕鯨業などの遠洋漁業が中心でした。飼料は昭和35年(1960)より生産されています。(現)横浜DeNAベイスターズのオーナーでもありました。

○は完全飼料

○は 完全飼料
撮影:2003年2月
大型看板。

平成19年(2007)10月1日、(株)ニチロと経営統合、持株会社「(株)マルハニチロホールディングス」が設立されました。平成20年(2008)4月、マルハニチロ水産(株)に。
平成26年(2014)4月1日、マルハニチロ水産が親会社のマルハニチロホールディングスなど関連計5社を吸収合併。現社名になっています。

中部飼料

○中 エサ 中部飼料株式会社
撮影:2003年4月
拡大画像

愛知県知多市北浜町14番地6(本店)、愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目27番2号 日本生命笹島ビル17階(本部)、中部飼料(株)
昭和24年(1949)創業。

エサは○中
撮影:2005年5月

エサは「ヱサ」なんですね。

FR

エフアール FR エネルギー株式会社  
撮影:2003年4月
拡大画像

愛知県東海市名和町天王前20番地、(株)スマック
(株)スマック関係者様より以下のデータを頂きました。情報提供に感謝申し上げます。
FRは中部飼料が製造、エネルギー(株)が販売していた家畜用の栄養強化食品でした。エネルギー(株)は昭和39年(1964)4月設立。当初はFRの販売を、昭和44年(1969)にペットフードの販売を開始。昭和59年(1984)、製品のブランドと同じ現社名に変更とのことです。

みなと完全飼料 丸ト

みなと完全飼料
撮影:2002年12月

1987年ごろまで兵庫県神戸市中央区小野浜町10-26にあった神戸みなと飼料(株)の看板か?

○ト 完全飼料
撮影:2002年6月

愛知県豊橋市明海町5番地の9、豊橋飼料(株)
昭和6年(1931)創業、昭和29年(1954)4月、株式会社設立。

マルカ種粕

マルカ豆粕

マルカ種粕
撮影:2002年5月

マルカ豆粕
撮影:2002年6月

マルカ天ぷら油同様、岡山県玉野市の加藤製油(株)の看板でしょう。大豆カスは肥料としても使用されます。

日和完全配合飼料 日和完全配合飼料

日和 完全配合飼料 撮影:2001年10月

日和 完全配合飼料 撮影:2009年3月
オレンジ色の柱サイズ。

兵庫県神戸市東灘区住吉浜町19番地の5、日和産業(株)
大正13年(1924)8月、日本家畜飼料(株)として創業。昭和23年(1948)7月、日和産業(株)と改称。肥料、飼料、ブロイラーなどの生産・販売を行うメーカーです。マークは「マルヒ」と呼ぶようです。

くみあい配合飼料 くみあい配合飼料

くみあい配合飼料 養豚用 乳牛用 養鶏用 農業協同組合
撮影:2006年4月
大判です。

くみあい配合飼料
撮影:2004年2月
これは柱サイズ。

2010年3月現在、全農グループの一員として、北日本から九州まで4社のくみあい飼料(株)が存在します。

ドッグビット

PETLINE'S DOGBIT 愛犬の健康食 ドッグビット
撮影:2002年11月
拡大画像(40KB)

岐阜県多治見市大針町657-1、ペットライン(株)
昭和42年(1967)7月、日本農産工業(株)を母体として設立。
これは琺瑯ではありませんが、保存状態がいいので掲載しました。プラスチック看板もあり。

その他

武田の 動物用薬品

武田の 動物用薬品 取扱店
撮影:2007年4月
拡大画像(38KB)

武田薬品工業(株)は天明元年(1781)創業。日本で育った人ならおそらく知っているであろう、業界第一位の医薬品メーカー。アリナミンや風邪薬のベンザ、漢方胃腸薬などの薬でおなじみです。

動物用医薬品事業は、平成12年(2000)設立された武田シェリング・プラウ アニマルヘルス(株)に譲渡されました。平成17年(2005)、武田が持株を手放しシェリング・プラウ アニマルヘルス(株)設立。事業は平成21年(2009)11月、親会社が買収されたことにより、米MSDアニマルヘルス社に。日本での事業は大阪の(株)インターベットが行っているようです。

マルエイ飼料

マルエイ 養鶏研究会々員
撮影:2008年11月
こちらも表札サイズ。

マルエイ飼料と同じ日本農産工業(株)の看板でしょう。

参考文献

  • 『会社年鑑≪上場会社版≫ 2002年版』 2001年10月22日 日本経済新聞社
  • 『会社総鑑 1960年版』 昭和35年4月25日 日本経済新聞社
  • 『会社年鑑 1970年版』 昭和44年11月15日 日本経済新聞社
  • 『会社総鑑 1971年版』 昭和46年7月1日 日本経済新聞社
  • 『日本会社史総覧 上巻』 1995年11月24日 東洋経済新報社

2007年10月12日:マルエイ飼料、エサは○中、くみあい配合飼料2枚、武田の動物用薬品追加。2009年3月19日:マルエイ養鶏研究会々員追加。2009年5月26日:日和完全配合飼料1枚追加。2012年10月13日:○は 完全配合飼料追加。2014年9月22日:FRコメント追加。

(最終更新日:2014年9月22日)

up