路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

自転車1

丸石の自転車
丸石の自転車
丸石の自転車

丸石の自転車
撮影:2002年4月/2003年11月/2004年11月

東京都千代田区鍛冶町一丁目10-4にあった丸石自転車(株)の看板
明治27年(1894)、自転車輸入業の石川商会として創業。明治42年(1909)3月合資会社、大正7年(1918)6月株式会社に改組。昭和36年(1961)2月より丸石自転車(株)。

平成16年(2004)9月増資問題を機に倒産。自転車事業は同年9月1日より、昭和48年(1973)設立の滋賀丸石自転車工業(株)が引き継ぎました。同社は平成17年(株)丸石サイクルと社名変更、本社は埼玉県吉川市中野311-1に移転。

平成18年(2006)11月1日より、丸石サイクルの自転車事業は、現在は中国企業の子会社で、昭和47年(1972)設立の福島丸石自転車工業(株)に譲渡されることになりました。旧・丸石サイクルは同日、(株)ペンタくんに社名変更しています。
福島丸石自転車工業(株)は(株)丸石サイクルに社名変更。住所は旧・丸石サイクルと同じです。

ブリヂストン自転車

ブリヂストン自転車
撮影:2001年11月

埼玉県上尾市中妻三丁目1-1、ブリヂストンサイクル(株)

BSサイクルローン取扱店
BSサイクルローン取扱店

BSサイクルローン取扱店
撮影:2002年9月

埼玉県上尾市中妻三丁目1-1、ブリヂストンサイクル(株)

ブリヂストンサイクル(株)は、昭和24年(1949)10月、ブリヂストン自転車(株)として、ブリヂストンタイヤより分離され設立。昭和35年(1960)ブリヂストンサイクル工業(株)に、昭和51年(1976)現社名に変更。

自転車はナショナル

自転車はナショナル
撮影:2002年10月

大阪府柏原市片山町13番13号、パナソニックサイクルテック(株)
昭和27年(1952)、ナショナル自転車工業(株)として創業。平成18年(2006)7月現社名に変更。

ナショナル自転車(プラスチック)

ナショナル自転車 月販取扱店 ナショナル自転車 月賦販売店

おまけ看板

ナショナル自転車 撮影:2009年3月
プラスチック看板。バックにNの文字が入るナショナルのロゴマークは、昭和34年(1959)~昭和48年(1973)まで。

ナショナル自転車 月販取扱店10回分割大歓迎 撮影:2004年10月
何カ所かで見かけた看板。琺瑯ではなさそうですがけっこう丈夫ですね。10回分割ということは、自転車1台は1か月の給料では買いにくかったということでしょうね。

ナショナル自転車 月賦販売店 撮影:2009年3月
車輪に乗るナショナル坊やがいます。左の看板よりは新しいか?

ツノダの自転車

T.U ツノダの自転車
撮影:2002年5月

愛知県小牧市大字三ツ渕字東播州1604番地1、(株)ツノダ
大正15年(1926)1月、ツノダ商店として創業。昭和13年(1938)4月、株式会社に改組。平成4年(1992)7月より(株)ツノダ。

3.3.3.号自転車

3.3.3.号自転車 撮影:2002年6月

大阪府堺市堺区老松町三丁77番地にある(株)シマノの看板でしょうか。
シマノは大正10年(1921)島野庄三郎氏により島野鉄工所として創業。昭和15年(1940)株式会社に改組。昭和26年(1951)島野工業(株)、平成3年(1991)より現社名に。

「3.3.3.」は元々はフリーホイルのブランドでした。大正13年(1924)~昭和47年(1972)まで、3本の矛と、創業者の名前にちなむ「三」をモチーフにしたトレードマークがありました。シマノ工業の社史によると、完成車の製造は昭和21年~29年までとなっています。

昭和昭和20年代の出版物に、島野工業の3.3.3号自転車の広告がありますが、『堺商工名鑑 昭和34年度版』には、同ブランドの、堺市高須町二丁27の3.3.3自転車(株)の広告が載っています。両者の関係はわかりません。

ツバメ自転車
ツバメ号自転車

ツバメ自転車 撮影:2002年3月
軒下が似合うツバメの看板。左端のツバメマークは、地の色が赤です。

新家工業株式會社特製 ツバメ号自転車 撮影:2010年5月 

拡大画像(42+12KB)

大阪市中央区南船場二丁目12-12、新家工業(株)
明治36年(1903)、新家熊吉氏が木製リムを製造。大正8年(1919)、新家自転車製造(株)設立。昭和12年(1937)新家工業(株)に社名変更。ツバメ号は昭和21年(1946)より製造されています。輸出用リムの95%は新家の製品とか。

ヒドリ自転車
ヒドリ自転車
ミドリ自転車

ヒドリ自転車 撮影:2003年3月

ヒドリ自転車 撮影:2002年4月 拡大画像(31KB)

ミドリ号自転車 撮影:2009年3月

大正9年(1920)創業とのことです。昭和27年(1952)8月5日の読売新聞に、「無期限保證付 総ベアリング装置 ヒドリ自転車 製造発売元 東京葛飾局区 ヒドリ自転車製作所」という広告が載っています。

昭和34年当時、東京都葛飾区南立石町811にあった(株)ヒドリ自転車製作所のようです。同社はその後ミドリ自転車工業(株)になり台東区仲御徒町1-63に移転したそうですが、昭和34年の商工業者名簿には、ヒドリ、ミドリとも存在します。ミドリ号は戦前にもありますが、ミドリ自転車工業関連のものは、昭和29年にはあるようです(自転車文化センターの資料より)。

ヒドリ自転車の創業・移転情報、その他メーカーの昭和32年の情報を漆さんよりいただいています。情報提供に感謝致します。

セキネの自轉車
セキネの自転車
セキネ自転車

セキネの自轉車 撮影:2003年7月
セキネの自転車 撮影:2003年4月
セキネ自転車 撮影:2002年3月(右)

埼玉県蓮田市井沼411にあったセキネサイクルの看板。(株)関根自転車工場時代のものでしょう。

同社は、大正12年(1923)関根忠蔵氏により創業(自転車販売業)。昭和23年(1948)(株)関根工場設立。昭和26年(株)関根自転車工場、昭和46年(1971)(株)セキネインダストリーズ、昭和55年(1980)セキネ自転車(株)に社名変更。工場は昭和34年には荒川区三河島町にありました。

昭和57年(1982)2月、山口自転車に経営参加。既にセーラー万年筆(株)の資本が入っていた関係で、セキネ、山口とも、蓮田市のセーラーの事業所内に本社を置くことになりました。
翌年10月、三和自転車工業(株)に社名変更。新たに販売会社のセキネ自転車(後のセキネサイクル)が設立されました(『自転車産業年鑑』による)。

三和自転車工業は他社のOEMも手がけていましたが、平成20年(2008)3月倒産のようです。なお、アサヒサイクル(株)の創業者は三和自転車工業の出身です。

山口の自轉車

山口の自轉車
撮影:2003年5月 拡大画像(38KB)

大正3年(1914)1月、山口重彦氏により創業。戦後、東京都台東区竹町に(株)山口自転車工場の本社を、埼玉県川口市栄町に川口工場を設置。昭和28年(1953)よりオートバイも発売しますが、昭和38年(1963)倒産。昭和37年まで販売台数はヤマハやスズキと肩を並べるほどだったのですが、結局このオートバイ事業が失敗だったようです。また当時の社長と副社長(山口シヅエ氏)の議員活動が多忙であったという話も。

倒産後技術陣の一部はブリヂストンサイクルに再就職し、BSチャンピオンなどの製造にもかかわったとか。会社の方は丸紅の資本が入り、丸紅山口(株)としてベニー号など多くの自転車を製造しました。本社は丸紅内にありました。昭和57年(1982)2月、丸紅が資本を引き上げ山口自転車(株)設立。工場はセキネが引き受けることになりました。

ゼブラ

ゼブラ 撮影:2003年6月

明治34年(1901)高橋長吉氏により自転車製造業創業。大正11年(1922)合名会社ゼブラ自転車製作所設立。昭和8年(1933株式会社に。昭和12年(1937)ゼブラ工業(株)。昭和32年(1957)ゼブラ自転車(株)(住所は荒川区西日暮里一丁目4-1)。

昭和37年、東証二部上場、本社を文京区本郷三丁目27-12に移転。昭和44年(1969)12月、光風自転車(株)と合併しゼブラケンコー自転車(株)に。昭和51年(1976)5月岡本理研ゴム(株)((現)オカモト)に合併され、同社のサイクル事業部になります。

昭和56年(1981)10月、昭和44年設立の関連会社芙蓉サイクル(株)をゼブラ自転車(株)に社名変更、翌年6月、岡本理研ゴムサイクル事業部を統合しました(『'82年版 自転車産業年鑑』による)。住所は東京都江戸川区平井七丁目4-38。
なお、ゼブラ号は明治35年(1903)に発売されています。

ゼブラプラスチック看板 ゼブラのブランドマーク付きプラスチック看板。

ノーリツ号

株式會社 岡本自轉車自動車製作所 ノーリツ号 無料修繕所
撮影:2004年5月 拡大画像(35KB)

少なくとも明治32年(1899)には名古屋市で、岡本鉄工所として操業していたようです。大正8年(1919)岡本自転車・自動車製作所設立。昭和7年(1932)には日本車輌製造、愛知時計電機、大隈鉄工所と共同で乗用車「アツタ号」を試作しています。戦中は岡本工業(株)、戦後は岡本自転車(株)という社名でノーリツ号という自転車を製造していました(戦後の一時期はバイクも製造)。住所は名古屋市昭和区。

昭和31年ごろより岡本ノーリツ自転車(株)。名古屋市中区に移転。その後ノーリツ自転車(株)に。住所は名古屋市中区金山五丁目18-30。
昭和58年(1983)廃業。現在のノーリツ財団は岡本自転車の後身でしょう。

参考文献

  • 『会社年鑑≪上場会社版≫ 2004年版』 2003年10月24日 日本経済新聞社
  • 『自転車産業年鑑 '82年版』 1982年3月1日 (株)自転車流通新聞社
  • 『自転車産業年鑑 1985年版』 昭和60年10月31日 (株)インタープレス
  • 『自転車用語ハンドブック』 昭和63年9月10日 グループ木馬編 (株)アテネ書房
  • 『日本のオートバイの歴史』 富塚清著 2001年3月10日 三樹書房
  • 『国産二輪車物語』 小関和夫著 2002年3月20日 三樹書房
  • 『シマノ工業60年記念社史 明日への挑戦』 昭和57年3月17日 島野工業(株)
  • 『東京商工会議所 会員並特定商工業者名簿 1959』 昭和34年1月1日 東京商工会議所
  • 『日本で製作・販売された自転車のブランド名に関する調査研究報告書 平成16年度 黎明期から昭和30年代まで』 平成17年3月 編集・発行 財団法人日本自転車普及協会自転車文化センター

2005年3月12日:ページ分割。丸石の自転車差替え。BSサイクルローン取扱店、3.3.3.号自転車、ゼブラ、ヒドリ自転車2枚、山口の自轉車追加。2005年5月14日:ノーリツ号追加。2009年8月28日:ミドリ号自転車追加。2010年8月31日:ツバメ号自転車追加。

(最終更新日:2010年8月31日)

up