路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

電機1 日立東芝

日立

日立電気洗濯機

日立電気洗濯機
撮影:2003年4月

東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 日本生命丸の内ビル、(株)日立製作所
東京都港区西新橋二丁目15番12号 日立愛宕別館、日立アプライアンス(株)
日立製作所は、明治43年(1910)、久原鉱業所日立鉱山の修理工場として業務を開始しています。大正9年(1920)2月株式会社設立。

日立電気冷蔵庫

日立電気冷蔵庫
撮影:2002年6月

日立冷蔵庫は昭和7年(1932)よりあったそうです。

昭和29年(1954年)家電時代到来。電気冷蔵庫・電気洗濯機・テレビは特に人気があり、「三種の神器」と呼ばれました。

日立自動電気釜

日立自動電気釜
撮影:2002年6月

わざわざ「自動」と銘打ってあるところが、かまどでご飯を炊く大変さを物語っているようですね。炊飯器(電気釜)も今やインバータ搭載。少量でもおいしく炊けます。

日立電気ポンプ
日立電気ポンプ

日立電気ポンプ 撮影:2006年2月

日立電気ポンプ 撮影:2002年6月

井戸用ポンプは現在でも何種類も発売されています。洗濯機・冷蔵庫・炊飯器・ポンプなどの家電は、以前は日立ホーム・アンド・ライフ・ソリューション(株)が担当していましたが、2006年4月1日に設立された日立アプライアンス(株)に担当が移りました。
照明事業は一時日立ライティング(株)が担当していましたが、平成22年(2010)10月より日立アプライアンスの担当となっています。

日立は多くの家電製品を生み出したメーカーですが、個人的には列車を作っているところというイメージがあります。昔、トレーラーに乗せられた新幹線の車両が、踏切で電車が通り過ぎるのを待ってるCMがありました。2008年類似の日通CMがありました。

ポンパ君プラスチック看板

おまけ画像 ポンパ君のプラスチック看板。
撮影:2002年6月
名前の由来は、ポンと押すとパッとつくからだとか。昭和43年(1968)登場。まだあちこちにたくさん生息しています。くちばしのハートがかわいいですね。

東芝

マツダランプ マツダランプ マツダランプ

マツダランプ 撮影:2006年1月  

マツダランプ 撮影:2005年10月 

東芝のマツダランプ 販売店 撮影:2003年5月
30×45cm 拡大画像(40KB)

東京都港区芝浦一丁目1番1号、(株)東芝
神奈川県横須賀市船越町1-201-1、東芝ライテック(株)
東芝は明治8年(1875)創業の田中製造所と、明治23年(1890)創業の白熱舎を源流としています。TVアニメのサザエさんのスポンサーでもおなじみ。

明治43年(1910)、GE社はフィラメントにタングステンを使用した電球を開発。この技術を導入した東京電気(当時)は、翌年よりタングステン電球(マツダランプ)を製造販売(東芝webより)。現在、照明器具関連の業務は東芝ライテック(株)が担当していますが、昔ながらの白熱電球は、2010年3月17日で生産を終了しました。

マツダランプ、ラジオ

東芝のマツダランプ ラジオ
撮影:2004年4月 拡大画像(37KB)

「マツダ」はゾロアスター教の「アフラ・マズダ」(善神で光明神)によるもののようです。古代インドの闘争を好むとされる「阿修羅」がイスラム教の「アッラー」や「アフラ・マズダ」となったとか。

「マツダランプ」の名は既に明治から使われていたそうです。丸いマツダマークは、『東芝百年史』によると、大正14年(1925)5月より電球に使用され、昭和6年(1931)11月より全製品に使用されるようになったとか。昭和37年(1962)3月より、全製品に看板の右下に見られるToshibaマークを使用しているとのことです。

マツダランプ、東芝電動井戸ポンプ

マツダランプ 東芝電動井戸ポンプ
撮影:2002年3月

Toshibaマークの看板ですので昭和37年3月以降のものでしょう。これ以降は、「マツダ」の商標は標準電球4種に残されるのみとなりました(『東芝百年史』より)。家庭用の井戸ポンプは生産終了でしょうか。

東芝電動井戸ポンプ

東芝電動井戸ポンプ
撮影:2003年3月

余談ですが、姫路に来たとき「西芝電機」なる会社があることを知り、冗談みたいな名前と思いましたが、「北芝電機」も存在しました。あとは南ですが、語呂が今ひとつで。

電氣洗濯機
電氣洗濯機

東芝電氣洗濯機
撮影:2003年4月

東芝電氣洗濯機
撮影:2003年5月

洗濯機は昭和5年(1930)よりあったものらしいですが、普及したのは三洋電機製の噴流式電気洗濯機(昭和28年)からでしょう。東芝洗濯機には、「余暇を生む働きもの!」というキャッチコピーもありました(昭和34年)。我が家の洗濯機も音の静かなインバーター銀河です。

洗濯機・炊飯器(電気釜)などの家電事業は東芝ホームアプライアンス(株)が担当していましたが、平成28年(2016)6月、中国の美的集団に売却されました。

東芝電氣釜、東芝テレビ

東芝電氣釜東芝テレビ
撮影:2003年3月

東芝電気釜は昭和30年(1955)発売。NHKのプロジェクトXで開発物語をやっていました。社内プロジェクトなどではなく、下請けの町工場の三並氏御一家が綿密に温度データを取り、バイメタルを利用し試作を重ねようやく完成。お母さんは無理がたたって早く亡くなられてしまいました。

三度三度ご飯を炊くとすれば、1日約3時間を小さな電気釜が引き受けてくれることになります。私が昼間悠長に出かけられるのも、あの御一家のおかげです。

東芝ラジオ

東芝ラジオ
撮影:2002年5月

東京都千代田区外神田一丁目1-8 東芝万世橋ビル7F、東芝エルイートレーディング(株)

震災をきっかけにラジオが見直されています。特に手回し充電機能付の多機能ラジオは何か月もの間品薄でした。今はスマートフォンでもラジオがクリアに聴けますが、ポケットラジオは電池の持ちがいいんですよね。

東芝モートル

力の強い 東芝モートル
撮影:2002年1月
一辺90cmくらい。

三重県三重郡朝日町縄生2121番地((株)東芝三重工場内)、東芝産業機器システム(株)
モートルは旧・芝浦製作所が製造していました。

東芝モートル

東芝モートル 登録販売店 東京芝浦電気株式会社
撮影:2003年12月
店内にある吊り下げ型。

「東京芝浦電気株式会社」の名は、昭和14年(1939)、東京電気と芝浦製作所の合併時より、昭和59年(1984)まで使用されていました。

東芝リンクストア

電化器具の分割払い 東芝リンクストア
撮影:2001年11月
90×180cmくらい。

昭和30年代前半はまだ「マツダリンクストア」でした。現在では「東芝ストアー」。

東芝リンクストア

分割払 東芝リンクストアラジオ テレビ 冷蔵庫 洗濯機
撮影:2002年8月

この看板と同じデザインの広告も出されていました。また、東芝リンクストアの琺瑯製ではない町名標示が、奈良市内に残されています。

東芝エスパー 東芝エスパー

おまけ画像 東芝光速エスパーくん。
昭和40年代のヒーローです。

(左)シャッター絵もまだ見かけます。これはいらっしゃいませのポーズ?
撮影:2010年11月

(右)塗り直してもらい凛々しくなったエスパー人形。
撮影:2011年3月

参考文献

  • 『会社年鑑≪上場会社版≫ 2002年版』 2001年10月22日 日本経済新聞社
  • 『東芝百年史』 昭和52年3月31日 東京芝浦電気(株)

2005年7月2日:日立電気冷蔵庫差替え。2009年11月2日:マツダランプ2枚追加。2010年3月31日:東芝モートル吊り下げ型差替え。

(最終更新日:2016年6月30日)

up