路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

上下水道 大阪府大阪市2

上水道2

止水栓

大阪市水道止水栓

大阪市水道止水栓

大阪市 水道 止水栓
撮影:2005年11月/2011年12月 大阪府大阪市

家庭用小型量水器の蓋。左のような外蝶番付き、右のような鍋型など、右横書きの止水栓もまだまだ多いです。文字の外を「水」の字で囲んでいる良くあるデザイン。

量水器

大阪市量水器

大阪市 量水器 殿堂
撮影:2011年4月 奈良県生駒市

他県で大切に使われている量水器の蓋。「器」の「ヽ」が目立ちますね。戦前ものでしょうか?

大阪市量水器

大阪市量水器

(上)大阪市 量水器
撮影:2005年11月 大阪府大阪市

(下)大阪市 量水器 
撮影:2015年5月 大阪府大阪市

右横書きですが戦後の蓋でしょうか? 大阪の量水器は現在では止水栓との共用蓋になっています。形は小判型のものと、長方形でメーター部分のみ楕円や小判型になっているものとがあります。楕円にこだわりがあるんですね。

鶴橋量水器

鶴橋 量水器
撮影:2009年3月 大阪府大阪市

鶴橋地区専用の蓋。

大阪市量水器

大阪市 量水器
撮影:2011年11月 大阪府大阪市

ビルにあった大型量水器の蓋。関西でよく見られる、四隅にマークの入っているタイプ。

大阪市量水器

大阪市 量水器 殿堂
撮影:2011年11月 大阪府大阪市

さらに大型の蓋。京阪シティモールにて。このデザインの右横書きの蓋も、オフィス街などでたまに見ます。もっと大型の3枚組の蓋もあります。

防火栓・消火栓

大阪市水道防火栓

大阪市水道防火栓

大阪市 水道 防火栓 殿堂
(左上)撮影:2007年3月 大阪府大阪市
(左下)撮影:2015年5月 大阪府大阪市(菱格子パターンが細かい) 
(下)撮影:2015年5月 大阪府大阪市(字体が普通) 

大阪市水道防火栓

「防火栓」の蓋はほとんど見かけなくなりました。名前からして昭和20年代半ば以前のものと思われますが、戦中や終戦直後は金属が不足していたので戦前モノの可能性も。

「防火栓」は大阪などでは消火栓の旧名ですが、『マンホールのふた<日本篇>』によると、東京では私設の消火栓を指すとのこと。大阪市の資料によると「明治28年(1895) 市水道を消防に使用 市内消防で初めて水道(防火栓)を使用した」とあります。

大阪市水道消火栓

大阪市 水道 消火栓
撮影:2004年10月 大阪府大阪市

上の防火栓と同じような字体です。消火栓の蓋の中では最も古く、昭和30年ごろまでのものではないでしょうか。

大阪市水道消火栓

大阪市 水道 消火栓
撮影:2011年12月 大阪府大阪市

この蓋と上は500×300mmくらいの大きさ。

排水栓

大阪市水道排水栓

大阪市 水道 排水栓
撮影:2011年11月 大阪府大阪市

上の消火栓と同じくらいの大きさ。穴の位置がめずらしいです。

大阪市水道排水栓

大阪市 水道 排水栓 
撮影:2015年4月 大阪府大阪市

歩道の拡張で蓋が隠れるので大きな蓋カバーがつきました。穴の位置が違うようです。

排水管

大阪市水道 排水管

大阪市水道 排水管
撮影:2009年3月 大阪府大阪市

大型量水器と同じくらいの大きさ。900×600mmくらい。

散水栓

大阪市 散水栓

大阪市 散水栓 
撮影:2014年6月 大阪府大阪市

市章入りの散水栓は珍しいです。市立の公園や梅田などでは、長谷川の名前入り散水栓が見られるようになりました。その他、汎用蓋にも入れている無印の撒水器もあり(下)。

撒水器

参考文献

  • 『マンホールのふた<日本篇>』 林丈二著 1984年3月30日 (株)サイエンティスト社

(2015年5月17日更新)

back up next