路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

上下水道 兵庫県神戸市2

上水道

神戸市水道局 排水桝

神戸市水道局 排水桝
撮影:2005年11月
排水桝の新しい蓋。

神戸市水道・逆止弁
神戸市 水道・逆止弁
撮影:2005年12月
三菱東京UFJ銀行にある大型の蓋。

神戸市水道局 伸縮管

神戸市水道局 伸縮管
撮影:2007年11月

須磨浦公園にて。神戸市の蓋は種類が多いので、古くないものに関しては珍しそうなもののみ掲載しています。

神戸市水道用仕切弁

神戸市水道用仕切弁
撮影:2009年12月

新神戸駅前にて。立派な石縁がついていました。「水道仕切弁」よりも「水道仕切弁」と書かれてある蓋の方が多そうです。

神戸市増圧仕切弁

神戸市増圧仕切弁
撮影:2010年12月

マンションの下にありました。直結増圧給水で検索すると各地の水道局の解説ページがヒットします。

神戸市水道量水器室

神戸市水道量水器室 殿堂
撮影:2009年12月

兵庫区にあった直径600mmくらいの蓋。少し古そう。「室」が付いているので、蓋の下は人が立ち入れるスペースがあるマンホールなのでしょう。

神戸市水道 量水器

神戸市水道 量水器
撮影:2006年5月

JR須磨駅前の大型の蓋。四角に神戸の市章が入っているはずですが、下の方は見えませんね。

神戸市 水道メーター

神戸市 水道メーター
撮影:2005年11月

大型の量水器の蓋。

神戸市水道局 流量計室

神戸市水道局 流量計室
撮影:2005年11月

中央区の奥平野浄水場入口にあった蓋。丸い部分の直径は600mmくらいか。

神戸市水道局 流量計室

神戸市水道 記録計 工水
撮影:2005年5月

工業用水道関連の蓋も、沿岸部を中心に多くあります。左のマークは、神戸(カウベ)のカを図案化した神戸市の市章。明治40年(1907)5月に制定されたものです。

量水器

量水器
撮影:2009年3月

垂水区内の家庭用量水器の蓋。何のマークかわかりませんが、TWと読むなら「Tarumi Water」の可能性もあります。

旧明石郡垂水町は、昭和3年(1928)町制施行。昭和6年(1931)垂水水道(株)設立。昭和16年(1941)7月1日に神戸市と合併しています。この蓋がそこまで古いものには見えないのですが、どこからかのもらい物なのでしょうか。

下水道

神戸市 下水人孔

神戸市 下水人孔
撮影:2006年11月

蓋、石縁とも摩耗していますね。読みづらいですが、中央に「下水人孔」と書かれています。パターンは、曲線の組み合わせで、神戸市の市章を出しているようです。
下水人孔文字部分

神戸市下水人孔

神戸市下水人孔
撮影:2005年12月

御影町下水

御影町(下水) 殿堂
撮影:2007年8月

灘区御影にて。マークは旧御影町の町章のようです。旧御影町は昭和25年(1950)4月に神戸市と合併しています。

参考文献

  • 『神戸市水道100年史』 平成13年3月 神戸市水道局
  • 『マンホールのふた<日本篇>』 林丈二著 1984年3月30日 (株)サイエンティスト社

(2010年12月12日作成)

back up