路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

上下水道 明石市

上水道

明石市 制水辨(制水弁)

明石市 制水辨(制水弁) 殿堂
撮影:2005年11月

小型の制水弁の蓋(右横書き)。

明石市上水道布設事業は、『明石市水道史』によると、昭和3年(1928)3月5日認可、4月8日起工式。業務開始は昭和6年(1931)2月1日でした。
当初は、家庭用と消火栓は放任給水(1か月定額料金の使い放題)、その他は計量給水でしたが、昭和7年(1932)7月16日より全戸計量になったとのこと。

明石市 空気弁

明石市 空気弁
撮影:2005年11月

消火栓と同じデザインの、一世代前の空気弁の蓋。現在ではイラストデザインの蓋が増えてきました。マークは「明水」。

明石市 止水栓

明石市 止水栓
撮影:2005年11月

どうにか読める右横書きの止水栓。さすがにもうほとんど見ませんね。

明石市 止水栓

明石市 止水栓
撮影:2005年11月

戦後モノですが、2世代くらい前のものではないでしょうか。

明石市 上水

明石市(上水)
撮影:2005年9月

少数派の角丸蓋。少ないながらもあちこちにあります。下水道関連かと思いましたが明水マークなので上水道の蓋ですね。

下水道

明石 下水

はたらく下水蓋

明石 下水 殿堂
撮影:2005年9月

『マンホールのふた<日本篇>』によると、この蓋が大正5年(1916)の仕様書に載っているとのこと。

明石市の創設下水道事業は、『明石市史』によると、明石町時代の大正元年(1912)着工、大正3年(1914)竣工で、排水区域は大蔵谷から明石川まで。

その後大正8年(1919)11月1日の明石市設立を経て、昭和7年(1932)より第2期、昭和28年(1953)より第3期の下水道事業が行われています。

(右)最新の蓋と共に働く古い角蓋。合流用でしょうね。

明石の下水関連らしき蓋

明石の下水関連らしき蓋 殿堂
撮影:2005年9月

『マンホールのふた<日本篇>』には、類似の蓋の説明として、以下の記述があります。

このように古い角蓋で中央に穴が集まっているタイプは,筆者の知る限り,松山市,広島市など瀬戸内海沿岸都市に限られている。
これは下水道創設期に西日本において下水道設計の専門家が不足していたので,他の都市の仕様書を流用したり,同じ技術者を登用せざるをえなかったからではないかと想像できる。(P117)

明石 下水

明石 下水 殿堂
撮影:2006年4月

上の方に○囲みで下水と書かれているのだと思いますが、ちょっと読めないですね。大正時代のデザインのようです。明石町時代からの生き残り蓋でしょうか。

マークは大正10年(1921)制定された明石市の市章。「明」の字を図案化したもので、明石町時代の明治44年に制定され、市になってからもそのまま使用しています。

明石の下水関連らしき蓋

明石の下水関連らしき蓋
撮影:2005年9月

かなり古いものと思われます。広島市に同じような古い蓋があったようです。汎用蓋かもしれませんがこのページへ。

明石市 圧力蓋

明石市 圧力蓋
撮影:2005年9月 兵庫県明石市

この蓋の下で相当な圧力をかけているみたい。3個所止めだし、鼻息の荒そうな顔がすごい。斜面にあったので、蓋が容易に開かないようになっているのでしょう。

明石市 下水

明石市(下水)
撮影:2005年11月

少数派の水玉蓋。最新ではありませんが、新しい方でしょう。

参考文献

  • 『明石市水道史』 平成3年3月5日 明石市水道部
  • 『明石市史 下巻』 昭和45年11月 明石市役所
  • 『マンホールのふた<日本篇>』 林丈二著 1984年3月30日 (株)サイエンティスト社

(2014年5月20日更新)

up