路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

鋳造メーカーパターン

ま行~

前澤化成工業三重重工業ミクニプラスチックス、旧・三国プラスチックス三菱樹脂未来工業矢作興業大和キャスタル、旧・大和鋳造ヨドキャスチング、旧・松本鋳造鉄工所


前澤化成工業

前澤化成工業マーク入り汚水蓋

前澤化成工業 汚水 300
撮影:2015年4月 三重県桑名市

浄化槽や便槽の蓋でマークやロゴ付きはありますが、汚水桝の蓋でマーク付きはめずらしい。

東京都中央区日本橋本町二丁目7-1 NOF日本橋本町ビル、前澤化成工業(株)
昭和12年(1937)7月創業。昭和29年(1954)、硬質エンビ工業(株)設立。昭和36年(1961)現商号に変更。

おすい(前澤化成工業パターン)

おすい
撮影:2015年5月 兵庫県明石市

前澤らしいパターンの鉄蓋。プラ蓋が多いですね。

岐阜市水道メーター

岐阜市 水道メーター
撮影:2016年3月 岐阜県岐阜市

階段パターンの岐阜市水道メーター。見づらいですが、色の濃い部分が窪んでいます。市の仕様なら別メーカーも作っているかもしれません。

散水栓 ひまわり散水栓

散水栓
撮影:2014年6月 兵庫県姫路市

MS-22という散水栓ボックス。

散水栓
撮影:2014年11月 大阪府豊中市

ひまわりデザインの散水栓ボックス。


三重重工業

ミエグレ

ミエグレ

ミエグレ
撮影:2015年11月 和歌山県串本町
平行四辺形と台形が向きを変えて並んでいるパターンです。

三重県員弁郡東員町大字山田字北前塚3710番地、三重重工業(株)
昭和37年(1962)2月創業。昭和47年(1972)2月現社設立。もとは合資会社中村鋳造所の鉄工部門でした。母体となった中村鋳造所は、平成26年(2014)7月破産しています。


ミクニプラスチックス、旧・三国プラスチックス

福崎町 止水栓・量水器(ミクニプラスチックス)

福崎町 止水栓・量水器(ミクニプラスチックス)蓋裏

福崎町 止水栓・量水器
撮影:2015年9月 兵庫県福崎町

大阪府大阪市淀川区十八条三丁目14-17、ミクニプラスチックス(株)

明治42年(1909)、乙宗源次郎氏が大阪府西成郡、現在の淀川区に三国セルロイド合資会社設立。大正8年(1919)9月、8社合併で大日本セルロイド(株)設立、同社の三国工場となります。大正13年6月、三国工場が三国加工場に。

昭和2年(1927)7月、三国加工場が独立、三国セルロイド(株)設立。昭和48年(1973)3月、三国プラスチックス(株)に社名変更。平成20年(2008)10月1日、アロン化成(株)の子会社になりミクニプラスチックス(株)に社名変更。平成27年(2015)4月、アロン化成に吸収され消滅。

明治の終わりより長らく工場のあった淀川区十八条の工場跡地は、現在マンションが建っています。社章・ブランドマークは最後までMC(三国セルロイド)でした。

福崎町 量水器(MCパターン)

福崎町 量水器 積載禁止(MCパターン)

福崎町 量水器 積載禁止
撮影:2015年10月 兵庫県福崎町

「積載禁止」の左はPETボトルリサイクル推奨マーク。右はエコマーク(ちきゅうにやさしい プラスチックの再利用)です。MCパターンのリサイクルPETを加工した製品はアロン化成が引き継ぎ、製造販売しています。耐圧蓋もあるようです。

宝塚市 消火栓(MCパターン)

宝塚市 消火栓
撮影:2015年12月 兵庫県宝塚市

MCパターンの消火栓。


三菱樹脂

鳥取市下水 三菱樹脂

鳥取市下水 三菱樹脂文字部分アップ

鳥取市下水 汚水 三菱樹脂
撮影:2017年4月 鳥取県鳥取市

300くらい。汚水桝は三菱樹脂製で蓋はOEMでしょうか。公共桝にメーカー名が堂々と鋳出してあるのもめずらしい。

「菱」の文字に特徴がありますね。昭和30年代の三菱ミシンなどの琺瑯看板は、このような「御手洗(みたらし)流」と呼ばれた書体で描かれていました。本物の御手洗流はもっとボコボコしていますが、さすがに鋳造はしにくそうです。

東京都千代田区丸の内一丁目1番1号 パレスビル、三菱ケミカル(株)
源流は昭和18年(1943)1月設立の亀戸ゴム工業(株)。昭和37年(1962)6月三菱樹脂(株)に。平成29年(2017)4月、三菱化学(株)、三菱レイヨン(株)と合併、三菱ケミカル(株)設立。


未来工業

未来工業 電気

電気 MIRAI MKPB-300
撮影:2015年5月 兵庫県姫路市

パターンの中の未来工業パターンはブランドマークでしょう。

岐阜県安八郡輪之内町楡俣1695-1、未来工業(株)
昭和40年(1965)8月設立。なかなかユニークなメーカーのようです。


矢作興業

豊中市 雨 YK

豊中市 雨 YK
撮影:2014年11月 大阪府豊中市

矢作興業のサイトにも載っているもの。オリジナルパターンは確認していません。

名古屋市港区昭和町18番地、矢作興業(株)
昭和36年(1961)7月、棚橋商事(株)設立。昭和47年(1972)12月、新日物産(株)に改称。平成元年(1989)7月、現社名に変更。


大和キャスタル、旧・大和鋳造

大阪市止水付水道メーター(大和キャスタル) 大阪市止水付水道メーター大和キャスタルマーク部分アップ

大阪市(止水付水道メーター)
撮影:2016年5月 大阪府大阪市

開けてメーターをチェックする部分がひっくり返っていたので、メーカーマークが見えていました。下水蓋などのオリジナルパターンがあるかどうかは不明です。

大阪府大阪市平野区加美鞍作三丁目1番4号、大和キャスタル(株)
昭和22年(1947)2月創業。旧名大和鋳造(株)。平成25年(2013)自己破産。月ヶ瀬工場跡地は関連会社の福井大和塗装(株)が入っています。

下は『日本上下水道総覧 1978年版』の水道用鋳鉄異形管工業会の広告より。
大和鋳造マーク

大阪市量水器(大和キャスタル) 大阪市量水器大和キャスタルマーク部分アップ

大阪市量水器
撮影:2016年10月 大阪府大阪市

住宅の建設中で量水器ボックスが掘り起こされていました。水色のマークは大阪市管工設備協同組合のもの。大阪市では組合マークが鋳出された蓋を見ないと思っていたら、シールかステッカーがボックスの内側に貼ってありました。


ヨドキャスチング、旧・松本鋳造鉄工所

大津市 下水(ヨドキャスチングデザイン、湖水)

大津市 下水
撮影:2016年3月 滋賀県大津市

大阪府大阪市城東区新喜多東二丁目6-15、兵庫県神崎郡福崎町西治字南谷1066番40、(株)ヨドキャスチング

大正8年(1919)11月創業。平成元年(1989)、(株)淀川製鋼所傘下になり、(株)松本鋳造鉄工所から(株)ヨドキャスチングに改称。平成17年(2005)3月兵庫県に移転。平成22年(2010)2月、淀川製鋼所がヨドキャスチングを清算、消滅。

参考資料:松本鋳造鉄工所資料(別サイト)。
大津市の下水蓋はこれの「湖水」パターン。湖水なので琵琶湖のイメージなのでしょうが、水のようなデザインが気に入られたのか、公式採用の徳島市や、関西・中四国の自治体などに見られます。

(ヨドキャスチングデザイン、桜)

(ヨドキャスチングデザイン、緑)

倉敷市(下水)
撮影:2005年9月 岡山県倉敷市
こちらは資料の「桜」パターン。

笠岡市 汚水
撮影:2005年9月 岡山県笠岡市
こちらは「緑」パターン。ツタの模様ですね。「桔梗」パターンは見つかりませんでした。

資料を見ると意匠登録されているとのことで、汎用デザインの蓋だったのですね。日本初のデザイン蓋として、1977年誕生の沖縄県那覇市のガーラ蓋が有名ですが、松本の方は資料の発行日が昭和52年(1977)10月。ほぼ同時期ですが松本鋳造鉄工所で検索しても特にデータは出てきません。

富山県福岡町(現高岡市)や福井県金津町(現あわら市)など、桜の花びらを並べたパターンを採用した自治体もありました。デザイン的には現在でも通じるように思います。

資料には、蓋の材質に関してFC200以上と書かれていますが、これは当時のFC鉄蓋としては相当優秀なものと思われます。ただこの後、昭和54年(1979)ごろには、増水時に少し浮き上がって蓋裏のインボール蝶番で支え、内部の圧を逃がす仕様が固まり、蓋の材質はダクタイル鋳鉄(FCD)という流れになったようです。蓋裏蝶番の仕様は、丈夫で軽くでき、FCに比べ粘り強い特徴のあるFCDが有利でしょう。もちろんヨドキャスチングはのちにはFCDの蓋も鋳造していました。


参考文献

  • 『全国工場通覧 1982年版』昭和57年3月30日 通商産業省【編】 日刊工業新聞社
  • 『日本上下水道総覧 1978年』昭和52年10月1日 日本水道新聞社
  • 『ダイセル化学工業60年史』昭和56年9月8日 ダイセル化学工業(株)

2018年2月20日:ページ新設。

(最終更新日:2018年2月20日)

back up