路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

気になる蓋2

謎の蓋

空


撮影:2005年6月 兵庫県姫路市

空気弁ではないかと思われます。「空」1文字だけしか書かれていない蓋はめずらしいですね。φ210。

淡


撮影:2005年6月 兵庫県姫路市

淡水でしょうか。上の「空」の近くにありました。大きさは同じくφ210。

津


撮影:2007年8月 兵庫県姫路市

こちらは「津」一文字のみ。港は近いですがどういう意味でしょう。

温


撮影:2009年1月 兵庫県姫路市

「温」一文字のみ。この4枚はいずれも大きさは同じもののようです。新日鐵関連と思われます。

D型縞蓋

D型縞蓋
撮影:2014年5月 広島県呉市

縞板(縞鋼板)をカットしただけの縞蓋。ベースがJFEの普通縞なら、直線部分は880くらいあります。近くに消火栓や防火水槽の看板は見当たりませんでしたが、消防関連でしょうか。蓋の下が気になります。

小型プレート

電ケーブル

電ケーブル

電 ケーブル
撮影:2005年6月 兵庫県姫路市

蓋ではなく、この下に電力ケーブルが埋まっているしるし。φ130。
下の蓋は中央に文字が集まるようにデザインされていますが、さすがに「ー」だけはどうにもならなかったようです。文字の向きが逆なので右書きのように見えます。上の「空」や「淡」の近くにありました。

(2014年6月5日更新)

up next