路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

浄化槽・便槽メーカー

か行

岐阜プラスチック工業クォードコーポレーション クボタ クリーン浄化槽 旧・小松化成


岐阜プラスチック工業

G.P.K 無臭リストイレ

G.P.K 無臭リストイレ
撮影:2016年4月 兵庫県姫路市

トイレの汲み取り口の蓋。現役のようです。トイレメーカーは、岐阜県岐阜市神田町九丁目27番地の岐阜プラスチック工業(株)でしょう。

公式サイトによると、リスブランドは昭和30年代よりあるようです。ブランドの由来は不明ですが、金華山のリスでしょうか?


クォードコーポレーション 

UNICON

UNICON文字部分アップ

UNICON

UNICON 5000K
撮影:2018年3月 和歌山県有田市

福井県福井市下河北町第11号13番地、(株)クォードコーポレーション
昭和50年(1975)9月ホクコン産業(株)設立。平成8年(1996)10月現社名に。

病院に設置されていたもの。ユニコン感染系排水処理システムという製品と思われます。一般的な樹脂製の合併浄化槽ではありません。


クボタ 

クボタ浄化槽蓋

クボタ浄化槽蓋

クボタ 450
撮影:2014年9月 広島県竹原市

「クボタ」のロゴからして久保田鉄工時代の浄化槽蓋でしょう。クボタは浄化槽も蓋も製造していますが、この蓋はニッコーのような他社製に見えます。

クボタ浄化槽蓋

クボタ φ500 500K 
撮影:2018年3月 和歌山県湯浅町
新しいロゴの入った蓋。こちらの蓋の鋳造メーカーは城東テクノですね。浄化槽は現在はクボタ浄化槽システム(株)が担当しています。住所は兵庫県尼崎市浜一丁目1-1。


クリーン浄化槽 

クリーン浄化槽蓋

クリーン浄化槽ロゴ

クリーン浄化槽 450
撮影:2018年3月 和歌山県湯浅町

ロゴに特徴がありますが詳細不明。県内の浄化槽保守会社クリーン工業と関係があるのかどうか。蓋メーカーはサンキョウでしょうか。


旧・小松化成

旧・小松化成汚水蓋 小松製作所ロゴ変遷

旧・小松化成 下水道 汚水(ます?)
撮影:2015年4月 三重県津市

旧・小松化成(浄化槽蓋)
撮影:2017年4月 三重県津市

マークは(株)小松製作所の旧マークのようです。コマツグループで汚水処理をやっていたのは旧・小松化成だったので、この蓋は同社の蓋と考えていいでしょう。上は汚水桝の蓋です。

旧・小松化成(株)は、昭和32年(1957)6月、(株)小松製作所により設立。塩ビパイプやコマツ浄化槽などを製造していました。
平成9年(1997)8月、小松製作所が全株を売却、積水化学工業(株)の子会社に。平成13年(2001)1月(株)ヴァンテックに社名変更。住所は東京都目黒区大橋一丁目6番3号 日米商会ビル。

小松製作所ロゴ変遷

コピーは『小松製作所五十年の歩み』資料P19の「7 社章・社名字体」より。「現行社章(昭和43年制定)」とありますが、資料が昭和46年(1971)5月発行なので「現行」となっています。

小松製作所は平成3年(1991)5月CIを導入、現在のローマ字のロゴに変更しています。小松化成がいつブランドマークを変更したかはわかりませんが、親会社の小松製作所と同時なら、蓋はおよそ1970~80年代のものということになります。

松葉菱の旧マークは、画像が見づらいですが、(上段左)大正10年、(上段右)戦前、(下段左)戦後、(下段右)昭和29年。この昭和29年~昭和43年のマークが松葉と小のバランスが一番いいですね。


参考文献

  • 『小松製作所五十年の歩み――略史――』昭和46年5月13日 (株)小松製作所

2016年3月26日:ページ再編、北研鉄蓋1枚追加。2016年5月3日:イビデン住設、岡田産業、岐阜プラスチック工業追加。2016年7月2日:アロン化成、旧・大島工業追加。2017年4月7日:クボタ、旧・小松化成1枚ずつ追加。2018年3月20日:ページ分割、ユニコン、クリーン浄化槽追加。クボタ1枚差し替え。

(最終更新日:2018年3月20日)

back up next