路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

電信電話

丸蓋

〒電話

電話 殿堂
撮影:2004年11月 大阪府大阪市

おなじみ郵便マーク「〒」は、もとは逓信省のマークでした。『マンホールのふた<日本篇>』P64によると、

明治18年12月逓信省が設置され,昭和24年6月電気通信省発足,同27年8月日本電信電話公社となる。〒マークは明治22年9月,逓信省全般のマークと定められ、電電マークが昭和24年9月に電気通信省のマークとして定められるまで使われた。

とあります。ということは、〒マークの蓋は昭和24年(1949)9月以前、逓信省もしくは電気通信省のものということになります。ただ、戦中戦後は鉄が不足していたので、大部分が戦前の逓信省のものではないでしょうか。他の場所で測ったものはφ(直径)840、枠まで880でした。

〒電話

電話 殿堂  
撮影:2005年11月 大阪府大阪市

いい感じに光っていたので、横向きですが撮ってみました。このタコ足のようなパターンは、京都から下関の間で確認されているそうです。他のタコ足蓋は吸盤が縦に8個並んでいますが、この蓋は6個です。中心部近くの吸盤はまんまるでかわいいですね。

電電マーク電話

電電マーク 電話 殿堂
撮影:2005年5月 京都府京都市

中央が電電マークになりました。昭和24年9月~昭和31年まで、電気通信省もしくは電電公社のものですね。姫路市、相生市など各地に残っています。他の場所で測ったものはφ780、枠まで820でした。電電マークは昭和60年(1985)4月1日の日本電信電話(株)(NTT)発足まで使われました。

電電マーク(電電公社Tの字パターン)

電電マーク(電電公社)
撮影:2014年6月 兵庫県姫路市

全国どこにでもあると思われる電電公社の蓋。これは800くらいの大蓋です。再び『マンホールのふた<日本篇>』P66によると、

「Tの字」パターンは「マンホール鉄蓋」の著者伊藤哲男氏が昭和24年頃に考案したもので,TELEPHONEとTELEGRAMの頭文字TとTを組み合わせたものだそうである。その後電電マークと「Tの字」パターンを組み合わせた円形鉄蓋は,昭和31年に全国仕様となり,日本中で使われるようになった。

ということです。また、昭和37年6月以降は盤面の反りがなくなり平面になったとのこと。この蓋には反りがあります。

電電マーク

電電マーク  
撮影:2005年11月 奈良県奈良市

コンクリートがだいぶすり減って鉄の同心円が出てきています。サイズは測っていませんが550くらいでしょうか。

角蓋(小)

〒.C

.C 殿堂
撮影:2005年5月 京都府大山崎町

蓋のみ500×500、枠まで540×540。「C」はケーブルでしょうか。〒マークの蓋は古い割にあちこちで見られます。NTTの物持ちがいいのかどうなのか。

〒.T

.T 殿堂
撮影:2005年5月 大阪府高槻市

「T」はTELEPHONEかTELEGRAMでしょう。

電電マーク

電電マーク 殿堂
撮影:2005年5月 大阪府島本町

電電公社のマークに替わり、ひよこみたいにかわいくなりました。

電電公社Tの字パターン

電電マーク
撮影:2005年5月 京都府京都市

平べったいのでそれほど古くなさそうです。

角蓋(大)

〒電話

電話 殿堂
撮影:2005年9月 京都府京都市

縦740×580×2枚の大蓋。京都府庁東にも取手の位置が微妙に違う逓信大蓋があります。が、一応撮ったんですけど画面ぎりぎりでした。この大きさでマークが電電のもあります。

〒電話

電話 殿堂
撮影:2004年11月 奈良県奈良市

少し小さくなりました。東大寺の参道にあります。場所が場所だけに、皆建物を見ながら歩いていて、下を見てるのは私とシカくらいでした。

〒

殿堂
撮影:2005年7月 兵庫県姫路市

さらに小さくかわいくなりました。660×360。場所を教えて頂きました。ありがとうございました。

電電マーク電話

電電マーク 電話 殿堂
撮影:2005年9月 京都府京都市

2つ上の蓋とだいたい同じくらいのサイズ。文字が細長い。

電電マーク

電電マーク 殿堂  
撮影:2005年10月 兵庫県姫路市

2つ上の蓋とだいたい同じくらいのサイズ。

電話

電話 殿堂
撮影:2005年9月 京都府京都市

郵便局の前の舗道にありました。左から文字が書かれてるので一番新しいのでしょう。昭和30年代後半?

おまけ

電電マーク

電電マーク
撮影:2005年9月 岡山県倉敷市

横120くらいのミニ蓋。これくらいの大きさの大阪ガスの蓋ならよく見るんですけど、電電マークのはあまりないですね。

参考文献

  • 『マンホールのふた<日本篇>』 林丈二著 1984年3月30日 (株)サイエンティスト社

(2014年6月18日更新)

up