路上観察と琺瑯看板、マンホールのふた
お散歩 Photo Album お散歩 Photo Album

サイトマップnext

学生服

菅公学生服 菅公シャツ学生服

菅公学生服 撮影:2007年5月

菅公シャツ 学生服 撮影:2013年3月 

岡山県岡山市北区駅元町15番1号 岡山リットシティビル5階 (旧本社:岡山県倉敷市児島田の口三丁目10-25)、菅公学生服(株)

菅公学生服
菅公学生服プラスチック看板

菅公学生服(横長) 撮影:2012年5月

(下)中に電球の入るプラスチック製電飾看板。蛍光灯ではなく白熱球が入っていました。琺瑯ではありませんが、道真公の顔と「学」の字がめずらしいです。

菅公学生服(株)は尾崎邦蔵氏により、安政元年(1854)綿糸業創業。大正12年(1923)より学生服の製造開始。昭和4年(1929)、株式会社設立。平成17年(2005)、本社移転。平成25年(2013)8月、尾崎商事(株)から菅公学生服(株)に社名変更。

ブランドの由来は、創業者の尾崎邦蔵氏が琴浦天満宮(菅原道真公)を信仰していたため、「菅公」の商標を神田の帽子店から買い取ったのが始まりとのこと。

富士ヨット学生服
富士ヨット学生服

富士ヨット学生服 ヨットシャツ 撮影:2001年12月

富士ヨット学生服 撮影:2007年9月

岡山県倉敷市児島田の口一丁目3-44、明石被服興業(株)

明石被服興業は、慶応元年(1865)、明石役造氏が真田紐などの製造を開始。昭和7年(1932)、学生服の製造開始。昭和19年(1944)11月、明石被服興業(株)設立。
昭和25年(1950)、「冨士ヨット」、「アサヒヨット」ブランド製造開始。昭和31年(1956)よりナイロン製カッターシャツ製造。

鳩サクラ学生服
鳩サクラ学生服

東レのナイロン.テトロン 鳩サクラ学生服 撮影:2001年10月
鳩サクラ学生服 シヤツ・トレーニングパンツ 撮影:2002年4月

岡山県倉敷市児島田の口七丁目1-11、オゴー産業(株)

明治25年(1892)、織物販売の小郷商店として創業。当初は石炭業も営んでいました。縫製業の開始は昭和2年(1927)のこと。昭和37年(1962)7月、小郷産業(株)設立。平成18年(2006)7月、民事再生法の適用を申請。平成18年(2006)9月、富士ヨットの明石被服興業が出資し、オゴー産業が設立されました。

テトロンの誕生は昭和32年。一般公募により命名されました。帝人の「テ」と東レの「ト」の組合わせなのだとか。

太陽櫻学生服
太陽櫻学生服

太陽櫻学生服 撮影:2004年4月
太陽櫻学生服 撮影:2002年9月

岡山県倉敷市児島下の町五丁目5-3、日本被服(株)

日本被服は、文久3年(1863)、佐藤喜代三氏が染色業を創業。明治30年ごろ足袋製造に転業。大正11年(1922)ごろ、学生服製造開始。現在営業しているメーカーの中では、最も古くから学生服の縫製を手がけています。昭和5年(1930)、日本被服(株)設立、「太陽櫻」ブランド製造を開始。

平成22年(2010)11月、敷地内に児島学生服資料館がオープン。忠臣君の出迎える入口を入ると琺瑯看板などの販促グッズも展示されています。学生服を着て記念撮影できるコーナーもあるようです。

サクラ日本

サクラ日本 学生服 シヤツ 撮影:2001年11月

岡山県倉敷市田の口七丁目2-16にあった石井産業(株)の看板。

大正5年(1916)創業。創業時は織物業を営んでいましたが、昭和3年(1928)、学生服製造開始。昭和22年(1947)7月株式会社設立。平成18年(2006)6月、自己破産。

鉄道沿線などでよく見かける看板です。他の学生服の看板も全国的に多いようです。琺瑯看板が多く作られた時期は団塊の世代が学生服を着ていた時期で、宣伝も随分行われたのでしょう。

ニッショウ学生服

ニッショウ学生服 撮影:2002年3月

もとは、岡山市北区磨屋町10-19にあった日本商工(株)のブランド。日本商工は昭和10年(1935)4月設立。昭和59年(1984)ごろなくなっているようです。昭和61年7月より岡山市東区西大寺中三丁目16-38の昭和被服総業(株)がブランドを継承しています。

大臣印学生服

大臣印学生服 撮影:2002年9月

岡山県倉敷市児島下の町八丁目8-25、(株)背板本店

大正13年(1924)、背板冨士太郎氏が学生服製造開始。大正15年、背板兄弟商会設立。このころ「大臣印」登録。昭和初期は田の口地区のトップメーカーだったそうです。
昭和25年(1950)、3社に分割。本家は背板被服として「大洋鳩」ブランド製造。分家の背板本店が「大臣印」を継承。
web検索や書籍では「脊板」の表記もあったのですが、タウンページでは「背板」になっています。

忠臣服
忠臣学生服

忠臣服 撮影:2006年10月
忠臣学生服 撮影:2002年3月
拡大画像(37KB)

倉敷市児島小川1388(昭和30年代の住所)にあった(株)西原本店のブランドだったようです。
西原本店は、明治2年(1869)、足袋縫製業創業。昭和3年(1928)、「忠臣印」で学生服製造に乗り出しますが、昭和44年(1969)1月倒産。

下は可愛らしい看板ですね。この顔で飛び出しぼうやを作ってもいいかもしれません。

まるまん学生服
まるまん学生服
上の酒看板共々消滅。

まるまん学生服 撮影:2002年3月

大正8年(1919)、岡野多郎松氏が織物業創業。昭和12年(1937)、学生服の製造を始め、昭和25年、岡野興業(有)に改組、○万印製品(学生服、作業服、布類)製造。翌年株式会社に。
昭和28年(1953)学生服部門を分離、丸万被服(株)を設立(本社:児島小川町1-5-43)。

丸万被服は昭和60年ごろまではあったのではないかと思われます。母体の岡野興業(倉敷市上富井509-3)はその後も織物業を続け、平成9年(1997)ごろよりゴルフ練習場等の入ったスポーツ施設、リンクスランドを経営しています。

ダイヤ学生服

ダイヤ学生服 撮影:2005年10月

3分割連結管版。建物のコーナー部分でも楽に張れる仕様。

岡山市北区富町二丁目3-8にあった丸三(株)のブランドだったようです。丸三は昭和11年(1936)創業。昭和25年(1950)会社設立。2000年ごろなくなっているようです。

ダイヤ服

ダイヤ学生服看板

ダイヤ服 撮影:2001年10月

2002年10月の時点では、社屋はまだ富町二丁目4番にあり、屋上には「世界の子供服 トムソーヤ」と「ダイヤ学生服」の看板がありました(右画像)。横の道路を本当に何度も通っていたのに、学生服工場だったとは気がつきませんでした。

まるいし学生服

まるいし学生服 撮影:2002年11月 新潟県見附市(画像提供広坂兼六さん)
拡大画像(41KB、撮影:2006年9月)

少なくとも昭和30年ごろまでは児島下の町一丁目11-27の石井織物(株)のブランド、2002年の時点では倉敷市児島下の町四丁目7-74、丸石(有)のブランドでした。同社は現在ではなくなっているようです。
石井織物は平成2年(1990)ごろまで織布業を営み、その後不動産業に転業。丸石(有)についてはよく分りませんが、昭和33年(1958)設立の丸石(株)(児島田の口1-7)が前身ではないかと思われます。丸石(株)は昭和60年(1985)ごろまではあったようです。跡地は現在明石被服興業第二配送センターになっています。
看板の広告主についてははっきりしません。

サンスワロー

サンスワロー 旭ツバメ 学生服 撮影:2001年11月

昭和25年(1950)1月創業、倉敷市児島稗田町1680にあった旭被服興業(株)のブランド。2006年ごろは岡山市北区駅元町15-1(菅公学生服と同じ)、エクセル(株)のブランド。
旭被服興業は、昭和51年ごろより旧・尾崎商事の子会社か関連会社になっていて、昭和58年ごろまであったようです。工場の跡地はスポーツクラブ等になっています。

日の出桜学生服
日の出桜学生服シャツ

日の出桜学生服 撮影:2005年4月/ 日の出桜学生服シャツ 撮影:2002年4月

岡山県倉敷市児島小川二丁目4番60号、児島(株)
昭和14年(1939)、山本熊一商店として個人創業。昭和16年児島被服(有)。昭和30年12月、児島被服(株)、昭和45年(1970)より児島(株)。
昭和26年(1951)、ブランドを「日の出印」から「日の出桜」に変更。
昭和29年、倉敷ビニロン系列に加盟。その後素材に帝人テトロンを使用、系列に参加。昭和60年(1985)、学生服のブランドを「日の出桜」から「トップメイト」に変更しています。
シャツに関しては、昭和35年頃より委託販売をしていましたが、昭和38年より製造販売(現在は子会社が製造)。右の看板は昭和30年代後半以降のものでしょう。

児島半島周辺では、江戸時代より、塩分に強いといわれる綿花栽培が行われていました。明治より足袋製造が盛んになり、大正期には国内でもトップクラスの生産量を上げたそうです。
大正後期、将来の需要を見越し、数社が学生服の製造を始めました。昭和12年(1937)ごろになると、伝統の小倉織を使用した製品が黄金期を迎えました。

昭和27年(1952)、明石被服興業・旧・尾崎商事・帝国興業(トンボ)・日本商工・備前興業の5社が東レナイロン系列に加入。
昭和29年、倉敷ビニロン系20数社が誕生(明石商事・旭被服興業・石井産業・児島(株)・背板本店・丸万被服等)。
昭和30年、東レナイロン系は赤崎興業・旧・小郷産業・児島織物・西原本店・日本被服を加え10社に。これにより、織物から縫製まで一貫して行っていたシステムが次第に消えていくことになります。

昭和30年代が学生服生産の最も盛んだった時期で、38年(1963)の生産高は史上最高。しかし、40年代に入ると生産過剰となり、景品付販売も行われましたが、企業の倒産は増えていきました。
現在は、ユニフォームやカジュアル衣料を手がけるところも多くなりました。それでも学生服生産量の6割以上は岡山県のメーカーが占めています。

看板などのあるらしい岡山関連のブランド

トンボ

岡山県岡山市北区厚生町二丁目2番9号(岡山本社)、岡山県玉野市八浜町大崎1212(本店)、(株)トンボ
明治9年(1876)、児島郡大崎(現在の玉野市)で三宅熊五郎氏が三宅商店として足袋の製造を始めました。大正13年(1924)、帝國足袋(株)設立。昭和5年(1930)、アサヒトンボ印学生服の製造を始め、昭和30年(1955)、アサヒトンボを「トンボ」ブランドに変更。
昭和19年(1944)帝国興業(株)に、昭和49年(1974)テイコク(株)に、平成18年(2006)、(株)トンボに順次社名変更。

乃木服

昭和3年(1928)、備前織物(のちの備前興業(株)、岡山市北区昭和町4-7)により乃木将軍学生服として売り出されました。当時のブランドマークは、桜の花の中に乃木将軍の肖像の入っているものでした。岡山では'70年代はTVCMもやっていました。
備前興業は昭和55年(1980)12月会社更生法を適用。昭和町の跡地は天満屋遊プラザになりました。ブランドは昭和60年(1985)7月より、ニッショウ学生服同様、昭和被服総業(株)が継承しています。

大楠公
ダイナンコー

倉敷市児島小川1258-3の児島織物(株)のブランドでした。
明治29年(1896)、家守善平氏が児島織物(資)として足袋製造開始。大正10年(1921)、学生服製造開始。児島地区の学生服製造メーカーの草分けでした。
昭和3年(1928)、児島高徳をあしらったブランドマークを付け販売。昭和7年、大阪の帽子店より「大楠公」ブランド買収。しかし、オイルショックのあおりを受け、昭和51年(1976)5月倒産。

萬点印
(まんてん)

倉敷市児島赤崎の赤崎興業(株)のブランドだったらしい。赤崎興業は昭和3年(1928)設立。昭和55年(1980)ごろまではあったようです。あるいは(株)ケニントンと改称されたのかもしれませんが、タウンページ検索では見あたりません。

サクラサンエー

岡山市北区昭和町7-3の山尾被服工業(株)のブランドだったらしい。同社は昭和25年(1950)創業。昭和45年(1970)ジーンズの製造を開始。昭和48年(1973)(株)ボブソンに社名変更。本社は岡山市北区平野788番地に移転しました。

平成20年(2008)ヤマオ興産が同社を合併、(2代目)(株)ボブソンに社名変更。さらに同社は平成21年(2009)、ジーンズのボブソンブランドを本社東京の(3代目)(株)ボブソンに譲渡。2代目ボブソンは平成22年(2010)6月1日、(株)ピーチフォートに社名変更。
平成23年(2011)5月2日、(3代目)(株)ボブソンが民事再生法の適用を申請。翌年6月1日破産。
平成24年(2012)11月22日、(株)ボブソンホールディングス(本社:岡山市北区平野978番地)がボブソンブランドを買い戻したと発表。ブランドは再び岡山に戻ってきました。

幸福印

倉敷市児島下の町三丁目12-37の洲脇産業(株)のブランドだったらしい。洲脇産業は昭和29年(1954)、倉敷ビニロン系列に参加。

ヒカリ富士

『全国工場通覧 1960年版』によると、倉敷市児島小川31-1の前野産業(有)のブランドだったようです。

富士スワン

『全国工場通覧 1960年版』によると、倉敷市児島小川3545の中村被服興商(株)のブランドだったようです。児島小川には日の出桜、まるまん、忠臣学生服、大楠公等のメーカーがありました。

ワニ錨

『全国工場通覧 1960年版』によると、岡山県倉敷市児島下の町1796の西山興業(株)というメーカーのブランドでした。「ワニ錨」。すごい名前です。眠そうなワニが錨に前足をかけ、「丈夫ですが何か」と言っている場面を想像してしまう……。もしかしたら、ワニは輪違いのような家紋なのかもしれませんが。

ホームランボーイ

昭和30年12月の時点で、児島味野の備前商事(株)のブランドだったらしい。

ブルドック印

昭和30年12月の時点で、児島下の町の三野産業社のブランドだったらしい。

ブランドのネーミングは、大きく分けて、乃木服のような日本男児系、サクラ日本のようなニッポン系、まるいしのようなメーカー名に由来するもの、学生系、良さげ系(良さそう、丈夫そう等)に分けられるようです。以下、いくつか例を挙げてみます。

日本男児系
乃木服、大臣印、忠臣服、大楠公、東郷印、大西郷印、カブト印など
ニッポン系
富士ヨット、鳩サクラ、太陽櫻、サクラ日本、旭ツバメ、日の出桜、トンボ、アサヒデフネ、日章、宝富士、平和富士、鳩五輪など
メーカー系
ニッショウ、まるいし、ヒシビ、つちや、マルトク、まるお、オノト、○尾など
学生系
菅公、級友印、勉強印、ホームランボーイ、銀時計印など
良さげ系
ダイヤ、幸福印、名誉印、ほまれ印、ブルドック、ワニ錨、横綱印など

大楠公などはいかにも戦前からのブランドらしいネーミング。平和富士、鳩五輪は戦後ものでしょう。

オノト学生服(小野藤(株))は通っていた高校の指定メーカーで、野田屋町の工場に制服の追加注文に行ったことがあります。当時は何とも思いませんでしたが、メーカーに直接買いに行けたのは岡山ならではのことだったのですね。女子の制服はメーカー指定は無理なので、学生服のCMなんて意味があるのかと子供の頃は思っていました。

オノト、まるお(マルオ・ライオン:(株)荻野本店)、(株)アサヒデフネ、宝富士を持っていた河合産業(株)は健在。名誉印を持っていた(株)サンアミ(旧・(株)角南本店)は2008年10月16日倒産。○尾印は日本で最初にジーンズを製造した(株)ビッグジョンのブランドで、同社は昭和30年ごろは、丸尾被服工場として学生服を製造していました。

番外・プラスチック看板

スクールタイガー学生服

スクールタイガー学生服 撮影:2002年10月

大阪府東大阪市西石切町7丁目4番3号、瀧本(株)
大正14年(1925)7月創業。昭和23年(1948)1月株式会社設立。スクールタイガーは昭和5年(1930)より存在する伝統のブランド。

琺瑯看板は見つかりませんでしたが、岡山以外の大手学生服メーカーということで掲載しました。大阪も繊維業が盛んだったので、中小メーカなら他にもあったと思われます。兵庫県では、ニッケ(日本毛織(株))がウールの学生服を製造しています。こちらは生地も自前なので、昔ながらのシステムですね。

参考文献

  • 『会社総鑑≪店頭・未上場会社版≫ 2002年版』2002年5月20日 日本経済新聞社
  • 『昭和11年 岡山縣年鑑』昭和10年10月16日 山陽新聞社
  • 『全国工場通覧 1960年版』昭和34年11月10日 通商産業省編 日刊工業新聞社
  • 『山陽年鑑 昭和33年版~2002年版』 山陽新聞社
  • 『岡山商工名鑑 1982』昭和57年3月 岡山商工会議所
  • 『児島機業と児島商人』昭和50年8月29日 角田直一著 児島青年会議所
  • 『せとうち産業風土記』昭和52年3月10日 山陽新聞社
  • 『岡山県における縫製加工業の実態』昭和31年1月 岡山県 岡山商工会議所
  • 『児島株式会社創立五十周年記念誌』平成4年11月30日 児島株式会社
  • 『テイコク百年の歩み』昭和53年12月6日 テイコク(株) 岡山市幸町9-1
  • 『岡山県の繊維産業』平成23年2月 岡山県産業労働部産業振興課

2010年3月31日:菅公学生服差替え。富士ヨット学生服追加。2011年7月10日:菅公学生服プラスチック看板追加。2012年7月4日:菅公学生服(横長)追加。2013年3月8日:菅公シャツ学生服追加。

(最終更新日:2013年11月12日)

up